WEB制作会社の年収相場

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

236views

imasia_15428078_M_R

 

大都市と地方都市の差は大きい

 WEB制作会社の年収面を平均的に見ると残念ながらそれほど高くはありません。以前は新規のWEBサイトを立ち上げるのに数十万かかりましたが、同業者の乱立により制作費用の相場も下がり、景気のいい会社もあまり多くないようです。クラウドワークスという新しい外注の形式も確立されてきて高額な発注をWEB制作会社に行うというケースが減ってきたという背景もあります。

 

 従業員の所得を見ると、もちろん地域や職種よって変わりますが、地方に行けば行くほど収入は低くなる傾向にあります。

 

 首都圏や大都市でWEBプロデューサー、ディレクターとなれば、年収が600万以上になる人もいるようです。ただ、それだけ仕事ができるとやはり独立するパターンが多いので、正社員で高収入を得ているという人は少数派と言えるでしょう。

 

 地方の中小企業になると、収入はぐんと下がります。年収200万円代はざらですし、それ以下(月給15万円)でボーナスも出ない零細企業も少なくありません。もっとも、地方になると平均所得自体が低いわけですが、それにしても労働に対して支払われる賃金が見合わないと感じるケースが多いようです。

 

  • WEB制作会社の年収はそこまで高くない。首都圏と地方都市の所得格差も大きい。

 

職種による年収の差もあり

 WEB制作会社は職種によっても収入は若干変わってきます。デザイナーやコーダーよりもやはりプログラマーの方が給料は高めです。WEB系のプログラマーは需要が高く、反してスキルのある人が限られているため、比較的好条件での求人募集が多く見受けられます。

 

 また、同じプログラマーでも、WEB制作会社でプログラマーという職種を雇用している企業と、システム開発を専門にしていてWEB制作会社から受注を受けている企業とに分けられます。その場合、前者は他の職種との収入差があまり極端に出ないので、後者の方が収入の相場は高めになる傾向があります。

 

  全体的に稼げる職業とは言い難いですが、会社にとって必要不可欠の人材になれば昇給の可能性も当然ありますので、努力次第では高収入も見込めるようになるでしょう。

 

  • WEB制作会社の中でもデザイン系よりもプログラム系の方が高収入だったり仕事内容による所得差はある。

 

本記事は2015/08/21の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する