造園業者の造園工の求人

職業:造園工

323views

imasia_15772010_M

 

造園業者の求人の特徴

  • 仕事が安定している

 造園を専門に扱っている業者は主に大手の造園会社です。大手企業のため仕事は途切れることなくあります。有名ホテルや寺院、料亭を手掛けることも多く、全国各地に仕事をしに行きます。企業の中には海外での仕事の受注もあり、海外出張もあり得ます。また、大手造園会社は社会保険、厚生年金、雇用保険への加入をしているため、福利厚生面の心配はありません。従業員は正社員が殆どです。

 

  • 作業時間と残業

 8時~17時もしくは8時30分~17時30分と規定している会社が多いです。残業の有無は各企業によりますが、残業の多いところだと20時くらいまで働くこともありますので、残業時間については面接時に確認が必要です。残業代は残業した分もらえることが多いです。

 

 雨の場合は、月給制を採用している会社は出勤して道具のメンテナンスや、雨の日でも出来る仕事を行います。工期が無い時は現場に行くことが多いです。

 

  • 休日

 基本的には日曜、祝日、お盆、お正月が休みです。祝日は作業しても良い現場とそうでない現場があるので、現場によって変わります。お盆休みやお正月休みは1週間くらいあります。

 

  • 服装・必要な道具

 作業着は会社から支給されます。ただし、地下足袋、安全靴、手袋などの消耗品は自分で購入すると考えておいた方が良いです。造園工事に必要な道具を自費で購入する場合もあります。使う道具は会社によって若干違いますので確認しましょう。

 

  • 造園業者は殆どが大手なので、仕事量や福利厚生が安定している。残業が発生しても大抵は残業代が支給される。

 

造園業者の仕事内容

 日本庭園造りが多く、製作面積が大きいため、1つの現場で半年近く掛かることがあります。製作する物も石垣、垣根、滝、池、植栽、砂利敷きなど様々です。滝や池の製作は難しく、2、3回現場をこなしたくらいでは習得出来ません。また、垣根や石垣積みは企業によってやり方が異なります。

 

 未経験の人の仕事は、道具取りと運び屋になります。道具も造園ならではの変わった物があり、まず道具を覚えることが大切です。運び屋はセメントや砂を1日に何十回も運びます。この作業が2~3ヵ月は続きます。始めは周囲も気遣ってくれますが、体力が無ければとてもやっていけません。

 

  • 日本庭園造りが主な仕事。規模が大きく制作物も様々で、求められる技術も高い。未経験の場合は道具取りとセメント・砂運びが数か月続く。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する