保育士の服装・髪型

職業:保育士

78views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_11499692_M

 

保育士の服装の注意点

 保育園によっては指定ジャージであったり、エプロン着用が義務付けられている所もあります。しかし、中には完全私服の園もあり、毎日服装を考えなければいけません。自由だからと何でも良い訳ではありません。

 

 保育士の服装には暗黙の了解があります。その一つが、地味で動きやすい物である事です。園によっては、保育士は落ち着いた空間を作り出す為に、なるべくばたばたと動かずに座って保育を行う方が良いという所もありますが、どこの園でも共通して外遊びは行われます。

 

 外遊びは常に動く子ども達に合わせて保育士も動かなければなりませんし、必要に応じて子ども達にお手本を見せる為に鉄棒や雲梯、上り棒を行わなければなりません。他にも、怪我をした子どもの対処、他の場所へのフォローなど動く事は沢山あります。

 

 ですから、スカートなどは相応しくありません。スカートの下にスパッツやレギンスを履くにしても、スカートの中は見せないというのが鉄則なので、子ども達にそういった事を伝える為にもスカートは履かないようにした方が良いです。

 

  • 外遊びに対応出来るよう、地味で動きやすい服装をする。スカートは避けた方が無難。

 

保育士の髪型・髪色も配慮が必要

 園にもよりますが、保育士は比較的髪型も色も自由の所が多いです。明るめの髪色に染めている保育士もいますし、園によっては容認しています。しかし、問題なのはケアです。

 

 髪を染めている保育士は、「プリン頭」と呼ばれるような、根本だけが黒にはっきりと染まっていたり、まだらに染まった様な頭で出勤してはいけません。髪が綺麗に染まっていないだけで、かなりだらしない印象を相手に与えます。髪はきっちりと根本まで染める、それが出来ない程忙しいならば、根本が目立たない色に染めておくなどの配慮が必要です。

 

 また、前髪も必ず目を通り越したらピンで留めるなどして、顔にかからないようにします。顔に貼り付いたり、散らばっていると非常に不潔に見えるので、保護者にも子ども達にも不快感を与えてしまいます。また、肩を越えた髪は結んでおかないと、子ども達の目に入る可能性もありますし、まとまっていないとぼさぼさした印象を与えて、保護者達からは「髪をまとめないだらしない人」と判断されてしまいます。

 

 髪を綺麗に染めて、髪はしっかりとまとめておく。これだけでもかなり印象は違ってきます。清潔な先生の方が、保護者からの受けも良くなるので、ポイントを抑えて清潔感を保ちましょう。

 

  • カラーリングが許可されている園の場合は、だらしのない雰囲気にならないよう、根本から綺麗に染める。長い髪はきちんと束ねて、清楚で清潔な印象を心がける。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/04/26の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する