造園工の魅力とやりがい

職業:造園工

1149views

imasia_1760034_M

 

多くの魅力ややりがいを感じられる仕事

  • 自然の中で仕事が出来る

 公園など自然がたくさんある場所で作業する機会もあります。外の空気を吸いながら自然の中で働けるという魅力があります。植木があるおかげで真夏でも木の下は涼しく、少し疲れた時は植木の下に入れば体力が回復します。そして、1日中部屋の中でデスクワークをしているよりも、外に出て体を動かしていた方が健康的という考え方も出来ます。

 

  • 自分の手掛けたものが形になる

 庭造りを手掛けた場合、石を据えたり、垣根を造ったり、植木を植えたりする作業をすべてし終わると、今まで何も無かったところに庭園が出来ます。やってきた作業がすべて形として残ります。またその庭(形)は数十年間維持されることも多く、形として残る年数も他の職種に比べて長いです。

 

  • 達成感が味わえる

<剪定作業の場合>

 人が散髪を終えてすっきりするように、伸びてぼさぼさの木をきれいに剪定すると植木もさっぱりきれいになり、木をすっきり剪定したという達成感が味わえます。また、1日に何本も植木を剪定すると、今日は何本も剪定出来てとてもすっきりした、という達成感があります。

 

<庭造りや植栽の場合>

 何も無いところに庭を造った時、庭が出来たという達成感が味わえます。また植栽を行った場合は、今までは一面が土だったところに植木を植えます。手掘りのためかなりの重労働ですが、その分達成感も大きいです。

 

  • お客様から感謝される

 これが一番の魅力とやりがいだという人も多いです。お客様の家に行って伸びていた木を剪定し、落ち葉や剪定した木をきれいに掃除して作業が終わると、お客様の庭はとてもきれいになります。帰る時にお客様から「すっきりしたね。きれいになった、ありがとう」などの感謝の言葉をもらうと、大変だったけれどもやって良かったと思えます。そしてまた頑張ろうという気持ちが自然に生まれます。

 

 個人邸の剪定や庭を造る場合はサービス業的なところもあり、いかにお客様に満足していただけるかも重要です。自分がやった仕事が感謝されるのはとても嬉しいことです。

 

  • 何も無いところに庭を造る、荒れた植木を剪定してきれいにする、お客様から感謝の言葉をいただけるなど、魅力ややりがいを感じる機会が多い。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する