50代のハウスメーカーの転職例

業界:ハウスメーカー

185views

ハウスメーカーの営業職間での転職(52歳 東京都在住)

 

男性(50代)

 50代での転職は事例自体少ないですが、前職でハウスメーカーの役職者あるいは店長クラスまで経験している人がほとんどです。転職しても最初から役職を与えられ、若手の育成に携わることもあります。逆に全く経験がない場合は、なぜ50代で他業界へ転職なのか、なぜ前職で役職に就かなかったのかなど面接で深くつっこまれて厳しいはずです。

 

 私は前職では営業統括課長という肩書きで展示場責任者として1つの展示場のとりまとめ、若手の育成に携わっていましたが、二期連続の売り上げ最下位となり最終的に転職という流れになりました。50代前半で定年までの残りの時間も営業職として頑張りたいと思い、役職は二の次で営業職を志望しました。二期連続で売り上げが最下位になった原因と、これからの営業スタイルをどう変えていきたいかを面接では述べました。採用側も今までの長い営業歴と、責任者を経験していることから、即戦力になるのは間違いないと思ってくれたようです。今は既に就業して新しい仕事をスタートさせています。

 

インテリアコーディネーターとしてハウスメーカーに再チャレンジ(52歳 岐阜県在住)

 

女性(40代)

 前職は他業界のパートとして週に3日の勤務をしていたのですが、過去には大手ハウスメーカーの営業職を複数回経験していました。営業職の際に結婚・出産を機に転職、その後はパート勤務、おもに主婦業に専念していました。子どもが大学生になり手もかからなくなったため、本格的な職場復帰を目指して求人を探しました。転職活動の一環としてインテリアコーディネーターの資格を取得していたのでインテリアコーディネーターとしてハウスメーカーに再チャレンジできないかと思うようになりました。実際の面接の中では、営業職の頃にコーディネーターの仕事の様子も見ており、内容も知っているため、すぐにでも打ち合わせに出られるとアピールできました。打ち合わせによっては帰宅時間が遅くなる、休日出勤もありえる、という条件もクリアできると判断したのでそう伝えました。営業職を経験していたこともあり、コーディネーター職と同時に若手営業職のフォローにもまわれています。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容はハウスメーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ハウスメーカーに関連する転職者の声

  1. ダウンロード 一度は諦めた転職活動、同じ住宅業界でも憧れの企画職に!
ページ上部へ移動する