未経験可の法務求人

職業:法務

250views

imasia_4332545_M_R

 

法務実務は「未経験可」だが他の条件は求められる

 「未経験可」での法務求人は、求人サイトではいくつもヒットします。ただし、注釈や詳細をよく見ると「未経験でもかまわないが、・・・その代わり・・・」と読める、違った条件が書いてあります。その条件の代表的なものが、「向上意欲があること」「高い視点と広い視野」といった本人の意欲や資質に関することです。

 

 応募者はこれらを具体的に証明するのは難しいですが、要はヤル気と今後の成長性を言うものです。年齢が若くてヤル気があり、成長に期待できる人物なら経験がなくてもかまわないということになります。これらは、面接時点の本人の自己PRで一応はなんとかなります。

 

 しかし、それだけなら応募はすぐにでもできそうですが、問題は「法務実務は未経験可」だが、「基礎的な知識もしくは他の経験」はしっかり問われるということです。

 

  • 法務実務は未経験可だが、基礎的な知識もしくは他の経験はしっかり問われる。

 

法務知識の蓄積度と法務関連の資格は?

 そのひとつが、学生時代や専門学校、あるいは司法試験勉強など法務知識の蓄積度です。また、国家資格など、法務に関連した資格を有しているかどうかも問われます。要は、法務実務経験がなくてもそれを補完して余り有る法務知識があれば応募可能ということです。

 

 次に問われる経験が、総務部、人事部といった管理部門のスタッフ経験です。法務とこれらの部門との接点は多くあり、特に法務担当を総務部の中に置く会社があるくらいです。たとえば、総務部購買課で仕事をしていたとして、会社備品・資材の購入契約などの経験が活かせる仕事かもしれません。また、人事部労務管理経験から懲戒関連の法務事案に役立つ可能性があります。

 

 このように、法務と接点や関連のある業務経験は、法務未経験でも役立つ経験です。

 

  • 法務と接点や関連のある業務経験は、法務未経験でも役立つ経験。

 

経営レベルのマネジメント経験があればOK?

 法務実務が未経験可の求人で、求められる他の経験や要件として、前職で経営層レベルのマネジメントをしたことがあるかどうかを問われることがあります。これは法務担当のスタンスに由来するもので、法務担当は経営サイドに立って、企業を危機から守るスタンスでなければなりません。

 

 その意味で、経営層レベルのマネジメントをしてきた人は、コンプライアンス意識も高く訓練されてきているので、法務知識さえ持てば、即戦力として企業防衛の仕事をしてくれると期待できるからです。

 

 このように、未経験可の法務求人は法務が一見簡単な仕事に思えて、とっつきやすく思ってしまいますが、実際はそんなにたやすい仕事ではありません。しかし、土壌が整理されてさえいれば問題がないというのがこの求人です。

 

  • 法務実務が未経験でも、土壌が整理されてさえいれば問題がない。

 

本記事は2015/11/12の情報で、内容は法務としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する