造園工の転職と年齢

職業:造園工

1093views

imasia_13868395_M

 

特に歓迎されるのは若手

 造園工が転職可能な年齢は10代~50代と幅が広いです。その中でも特に20代~35歳くらいまでの人が歓迎されます。その理由は、若さです。未経験の人で修業に5年かかると考えても、30代~40代には一人前になり、会社の即戦力になるからです。

 

40代の転職事情

 20代、30代と比べ転職の旬は過ぎていますが、人手不足の会社には歓迎されます。

 

  • 経験者の場合

 経験や資格があれば20代、30代と同様に歓迎されます。ただし、我慢が必要になるという点は注意が必要です。会社にはそれぞれカラー(やり方)があります。今までやってきた違うやり方や、もっと早く上手いやり方を知っていても、会社のやり方に合わせなければなりません。

 

 また、経験があっても自分の実力を認めてもらうまでは下っ端です。経験者の人は社長や親方と考え方の違いで揉めて辞める人もいるので、ある程度妥協しなければなりません。経験者で転職する人は、柔軟に考えられる人が向いています。転職したけれど前の会社の方が良かった、ということにならないよう慎重に検討すべきです。

 

  • 未経験者の場合

 40代でも始めは見習いです。自分よりも若い人から指示されることもあります。最初は、草むしりや掃除、物を取って来るよう指示されるなど、プライドを持っている人には辛抱が必要な時も多々あります。今までのプライドを捨てて初心に帰り、何でもやろうと前向きに考えられる人なら転職しても上手くいきます。

 

  • 経験や資格があれば若手同様歓迎されるが、その会社のやり方に合わせる柔軟性や我慢が必要。未経験者なら過去のプライドを捨てて挑まなくてはならない。

 

50代の転職事情

  • 経験者の場合

 一級造園技能士や造園施工管理技士の資格を取得している場合や、社長や親方よりも年齢が上だと断られるケースが殆どです。その理由は年齢だけでなく、自分よりも技術が上だと扱いづらいからです。50代の資格保有者が転職する場合は、請負仕事も視野に入れて転職活動をした方が良いです。

 

  • 未経験者の場合

 体力的に厳しいです。求人票には雑用という記載がない場合でも、多くの企業は草取りや掃除などの雑用要因として募集しています。人に使われるのが嫌な人、率先して作業が出来ない人には向いていません。逆に上下関係を気にしない人や、庭掃除が好きで日頃からよく掃除をしている人には向いています。

 

  • 社長や親方より技術が高いと扱いにくいため、50代の経験者となると採用されにくい。未経験者は体力的に難しいが、雑用や年下からの指示を厭わなければ可能性はある。

 

本記事は2015/08/20の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する