ベテラン保育士歓迎の求人

職業:保育士

38views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_5461200_M

 

ベテランの保育士が重宝される求人

 ベテランの保育士は、特に転職に困ることはありません。後輩保育士の指導も任されるので現場では重宝され、保育園側からも大切にされます。年齢を重ねた為に現場から必要とされないのでは、と不安に思う必要はありません。

 

 しかし、自分のせっかくの経歴や能力を評価してくれる職場を選ばなければ、安い給料で重責ばかりを負わされてしまう事にもなりかねませんので、注意が必要です。

 

  • 代替保育士

 代替保育士は、ベテラン保育士が最も輝ける仕事と言っても過言ではありません。代替保育士は、保育士が平日に休みを取る時に、そのクラスへと代理で入る仕事です。仕事は多くても週に2~3日、フルタイムの先生の代理で入ればしっかりと稼ぐ事が出来ます。

 

 代替保育士は、誰が休むか分からないので、何歳児にも対応が出来る事が条件となります。ですから、どんな環境にも対応出来るベテラン保育士が求められるのです。働ける時間が限られていたり、ゆっくりと働きたい人にはうってつけな働き方です。

 

  • ベテラン保育士は大体どこでも歓迎される

 時間に特に制約もなく、働けるだけ働きたいと考えているベテラン保育士は、どこにでもすぐに就職できるはずです。保育園では、採用してなるべく早く独り立ちをしてくれる人を欲する傾向にあります。つまり、ベテラン保育士であればすぐに現場に馴染んで即戦力になってくれるので、どこの園でも欲しい人材だと思ってもらえるのです。

 

 ここで忘れてはいけないのは、自分の経験を給料や福利厚生にきちんと反映させてもらう事です。保育士専門の転職エージェントを利用した場合は、スタッフが付いて転職をサポートしてくれます。その際には給料などの条件交渉も担ってくれるので、自分が経験豊富なベテラン保育士であること、どの職場からも欲しがられている人材であることをアピールしてもらって、給料や福利厚生を充実させてもらいましょう。

 

  • 園長・主任も夢ではない

 家族経営の保育園に勤務する場合は、重役には親族が就く傾向があるため、どれだけ実力があっても保育士として上を目指す事は難しい場合が多いです。どれだけ勤続年数を重ねても、園長などは夢のまた夢で、主任すら届かない場合もあります。

 

 しかし、保育園によっては、園長や主任保育士を募集している場合もあります。大体、ベテラン保育士と判断されるのは15年~20年の勤続年数を持つ人で、この経験年数になると園長の代わりに指示を出したり、新人の育成係として期待されます。園長代わりを何度も経験していれば、園長業務もすぐにこなす事が出来るでしょう。

 

 保育士は一人ひとりがプライドを持って保育をしているので、主任保育士や園長が無資格者であったり、知識が無い人であると、納得しなかったり衝突する場合もあるのです。そのような事態を避ける為にも、しっかりと勤続年数を持つベテラン保育士を主任保育士や園長に据えたいと考えている園も増えています。勤続年数が長くなったのなら、キャリアアップを考えてみるという選択肢もあります。

 

  • ベテラン保育士は大抵の職場で重宝され、比較的転職しやすい。日数を抑えて働きたいなら代替保育士、キャリアアップを目指して役職に挑戦などの選択肢も。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/03/30の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する