映像クリエイターの悩み・辞めたい時

職業:映像クリエイター

60views

imasia_14417970_M_R

 

映像クリエイターの悩み

 映像クリエイターにも様々な悩み事があります。一番はやはり、労働環境が過酷なことが原因のものでしょう。単純に健康面での心配事も尽きません。不規則な生活などは心身共に不健康な原因となりますし、無茶振りなどによるスケジュールの崩壊などは本当に辛いものになります。

 

 他にも仕事に関して言えば、自分のスキルに関することがよくあります。例え自分が人並みよりもできたとしても上には上がいるもので、スキル不足なのではないかと焦ってしまうこともあります。そうなってくると労働環境の過酷さも重なって、心身共に病んでしまうこともあります。

 

 また、好きで仕事をしてるので自分は大丈夫でも、家族を持っている人は周囲の理解が得られないこともあり、そういったプライベート面での悩みも多くあります。例えば、毎日終電で帰り休日もろくに家にいないような仕事の仕方を続けていた結果、家族に愛想を尽かされて独身に戻ってしまう人もいます。仕事が好き過ぎてそれで大丈夫な人もいますが、どちらも好きで捨てられないという人には本当に厳しい判断を迫られます。

 

 映像クリエイターは特殊な仕事であるので周囲の理解が得られないとプライベートが辛くなってしまうことがあるので覚悟した方がいいでしょう。

 

映像クリエイターが辞めたい時

 映像クリエイターは好きでやっている人たちが多い業界ですが、そういう人たちですら辞めたいと考えるタイミングがあります。一番はやはりメンタルも含めた健康面です。労働環境が過酷、クライアントや上司からの圧力が強い、など様々なところで心身にストレスがかかり、その積み重ねで辞めたいと感じる方が多くいます。

 

 ストレス以外にも、スキルアップしない面で辞めたいと感じることもあります。やはり上には上がいますし、自分の過去作品と現在の作品にあまり差がないのを見てしまうとセンスを疑い不向きだなと考えてしまいます。そんな時もやはり辞めたいと強く感じるかもしれません。

 

 家族や友人からの理解が得られない時も辞めたいと強く感じるかもしれません。自分が好きでやっている仕事ですが、厳しい労働環境であることを話したりすると「なんでそんな仕事してるの?」のような言葉を浴びることがあります。決して仕事そのものを否定しているつもりはないのでしょうが、映像クリエイターの仕事を否定されたように感じてしまうとかなり辛く感じることもあるでしょう。

 

 辞めたいと思う時は自分自身のことよりも外的要因によって強く感じることが多いので、心を強く持っておくことが大切です。

 

本記事は2017/03/16の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する