女性映像クリエイターの勤務事情

職業:映像クリエイター

29views

imasia_12563467_M_R

 

女性映像クリエイターの需要

 女性の映像クリエイターの需要はあります。女性ならではの感性や感覚が女性をターゲットにした制作で特に重宝されるからです。ですが、業界全体的に女性の割合が少なく、まだまだ活躍してる人は少ない状況です。

 

 逆に捉えれば、これから女性が活躍するチャンスでもあります。女性の仕事はどの業種でも男性よりも丁寧でキッチリしていることが多く、細かい点にまで注意を払って作業を行うことに向いているので、細かい気配りが必要な制作で特に活躍できます。

 

 映像クリエイターは実力社会ですので、知識・スキルがあれば女性でも活躍できる職業ですが、出産や結婚などで現場を離れざるを得ないことが多い為、長く定着して仕事ができない人が多いこともあり、女性クリエイターの需要は高い状態が続いています。

 

女性ならではの悩みで勤務が難しいこともある

 女性の映像クリエイターは女性ならではの悩みがあり、通常勤務が男性よりも難しくなることが多くあります。

 

 女性にとってはずっと付き合わなければならない体調の話なども映像クリエイターの過酷な労働環境では勤務が辛い要因となっています。特に安定している職場ではまだよいですが、本当にキツい職場では徹夜や過度な残業など心身ともに健康とは程遠くなる為、体調不良などにもなりやすく離職する方もいます。理解のある職場では在宅勤務やフレックス、シフト制など融通を効かせてくれますが、男性の多い職場ですので全く理解のない現場も少なからずあります。

 

 結婚や出産で離職を余儀なくされる方も多くいます。過酷な労働環境は出産時にはNGですし、結婚するとなると相手の方から「そんなツライ職場は辞めてくれ」と頼まれるケースもあります。

 

 ですが、今では在宅勤務やフリーランスという選択も増えてきているので出産で一時的に離職しても育児をしながら在宅勤務をしたり、手に職がある状態なので復職することも難しくありません。また、女性は仕事に対してストイックだったりキッチリする人が多いので繁忙期などに時間制で働いて欲しいと言われることもあるので、女性の映像クリエイターは今まで以上に活躍できる状況になりつつあります。

 

本記事は2017/03/16の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する