映像クリエイターの勤務時間・残業・休日

職業:映像クリエイター

54views

closeup holiday wording stack on calendar, reminder vacation concept and idea

 

映像クリエイターの勤務時間

 映像クリエイターの勤務時間は、(もちろん企業によりますが)10:00~18:00などを定時とした勤務が多くなります。ただテレビ関係の仕事や撮影が入るプロジェクトになると夜勤や早朝勤務などにもなります。その場合はシフト勤務であったり残業対応など、企業によって対応は様々です。

 

 全体的に一般的な企業からすると始業時間が遅いのが特徴です。ですので、朝のラッシュは避けての通勤ができることが多いです。転職の際はこのあたりもチェックしましょう。

 

映像クリエイターの残業時間

 映像クリエイターの残業は非常に多くなっています。映像制作は、5秒程度の映像を作るにも撮影が必要であったり、文字要素やレイアウト、エフェクトに演出など様々なことを考えてデザインし、制作することを考えたら時間がかかるのは分かります。単純に作業が多く複雑であったり、使用しているマシンのスペックに依存する工程があり、納期に間に合わせるには通常の営業時間では間に合わないことがあるので残業対応をするということになります。

 

 また、お客様より素材の提供があるプロジェクトの時などは提供予定日の18時など一般企業の定時頃にようやく素材提供を受けてそこから作業しないと間に合わないような状況もあります。人材不足も原因の1つで、1人で何役もこなしながらの作業は非常に時間がかかります。人が入ってきても長く続かないという状況では中々改善する余裕がありません。

 

 「映像クリエイターは残業時間は基本的に多い」ということを覚えておきましょう。

 

映像クリエイターの休日

 映像クリエイターは基本的には一般的な企業と同じ休日になります。ですが、業務が忙しくなると休日を返上しての作業もあります。

 

 テレビ局関係の仕事や、撮影の日程で土日しかできないような仕事の時もあります。そういった場合は土日祝日関係なく仕事となります。しっかりとした企業や人材の多い現場では代休の取得は比較的しやすいですが、小規模の制作プロダクションなどでは代休は取りにくく、代休をとっても後日以降の作業が炎上しかねないということがあります。

 

 映像クリエイターの休日は、繁忙期や業務のスケジュール次第なので、業務のやり方次第では前述のような週が続いてしまうこともあります。

 

本記事は2017/03/16の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する