映像クリエイターのアルバイト

職業:映像クリエイター

19views

imasia_9338819_M_R

 

厳しい労働条件のアルバイトも多い

 映像クリエイターのアルバイトは制作プロダクションなどの場合、かなり厳しい状態になりやすいことがあります。普通に考えれば働いた時間分だけ時給が出るのですが、あまり良い会社ではない場合、一定時間以降は時給の出ない会社が存在します。そういう会社に当たってしまった時はすぐに辞める方が無難でしょう。そういう会社では実績も何もありません。

 

 反対に良い会社はしっかりと働いた時間分だけ時給が出ます。当たり前ですがそれがない会社もあるのが現状です。実際に働いてみないと分からないことも多いので見分けるのが難しくなっています。

 

 制作プロダクション以外にも映像クリエイターのアルバイトは存在しており、結婚式場付きの制作会社などは夕方のみのアルバイトなどで映像クリエイターなどを募集しています。専門学生やフリーランスで映像クリエイターをしている人が応募することが多くあります。

 

 映像クリエイターのアルバイトは激務度合いや待遇、仕事内容など様々なバリエーションがあるので自分の求める環境のものを探しましょう。

 

映像クリエイターのアルバイトの給料

 アルバイトでもハイレベルな人材を募集している求人であれば時給は1500円を超えるものもあります。ですが、日給や月給でのアルバイトとなる場合は時給換算した際に1000円を下回ってしまうこともあります。基本的には時給で支払われる場合は金額相応に仕事の質が問われます。時給であればこそダラダラとした仕事はできません。

 

 映像クリエイターのアルバイトは、基本的には高めと言ってよいです。ですが、時給に見合ったプロの仕事を求められます。アルバイトだからといって気軽に応募すると大変なことになります。

 

 海外の話ですが、プロのアルバイトとなると時給がかなりの高額になります。そのかわり、仕事の質が高いレベルで要求されます。ですが、本当にハイレベルな人は桁違いに高額で複数の仕事をこなすので収入が一般的なサラリーマンを軽く上回る人が存在します。アルバイトだからと言って正規雇用にくらべて悪いということはなく、本物のプロとして映像クリエイターのアルバイトも存在します。

 

本記事は2017/03/16の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する