海外に携われる映像クリエイターの求人

職業:映像クリエイター

4views

pixta_13308439_M

 

映像クリエイターの海外での活動も増えてきている

 映像クリエイターの活躍の場は海外にも広がっています。海外を目指すクリエイターも増えてきており、ハリウッド等で作成される映画や有名企業のCMなど日本人が映像クリエイターとして関わっていることも多く、それは日本の映像クリエイターの技術力が高く質のいい映像を作っているということです。

 

 レベルの高い映像クリエイターは、海外では日本以上に評価されます。その評価は気持ちだけでなく労働契約にも表れるので、高年収などを目指して海外に行くクリエイターが増えているのです。

 

 日本での映像クリエイターの労働環境がとても厳しいことはよく言われますが、海外でも厳しい時は厳しいものになります。ただし海外では、クオリティの高い仕事をする人は評価されるので、より実力社会と言える環境ですが、挑戦していく価値はあるでしょう。

 

日本にいながら海外の仕事に携わることも

 今はIT技術の進歩の影響もあり日本国内にいながら海外の仕事を受注することもあります。大手の制作会社や有名になった映像クリエイターのいるプロダクションに参加すると、そういった機会に出会いやすいです。実際、VFXなどが日本の制作会社に発注されたりすることもありますし、3Dアニメーションなどを日本のクリエイターが担当することも多くあります。

 

 日本の中でもそういった業務を受けることができるのは、海外のクライアントやエージェントと契約を持つ広告代理店や制作会社、海外を拠点に活動する映像クリエイターと繋がりのあるところです。日本国内にいながら海外の映像制作に携わりたいのであれば、そういった企業への転職を目指すとよいです。

 

 注意するべきは常にそういった仕事や求人があるとは限らないということです。求人で募集される時はエージェントを通してスカウトオファーが来る、または本当に大規模で急いで人を集めたい時などになります。急ぎで集めるにしても高いクオリティは求められるので、自分の腕に自信がついてからチャレンジすることをオススメします。

 

本記事は2017/03/15の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する