30代の信用金庫の転職例

業界:信用金庫

321views

生命保険会社から信用金庫総合職へ(33歳 茨城県在住)

 

男性(30代)

 新卒で生命保険会社へ就職し、営業社員として企業を主体とした取引先へと出向いてライフプランの提案をしながら保険獲得の成果を挙げていました。しかし、成果を継続的に挙げなければならず、土日祝日など休日返上が続くようになり転職を決意しました。そんな折、地元信用金庫で中途採用の募集があり、保険獲得の経験を活かせると確信し応募しました。採用後は営業推進部門に所属し、保険の窓口販売を強化するためにOJT研修の講師を担当したり、推進キャンペーンで取引企業へプランの提案に伺ったりしています。保険の実績もあがり、休みもきちんと確保できて充実した日々を送っています。

 

地方銀行事務職から信用金庫事務パート職へ(35歳 東京都在住)

 

女性(30代)

 新卒で地方銀行の事務職として就職。支店で預金窓口や融資窓口などの内部事務を務めていましたが、結婚・出産を機に退職。子育てが一段落したので、以前の経験を活かせる金融機関の仕事を探していましたが、地元信用金庫のパート採用の条件が良かったので応募したところ、金融機関での経験を買われ無事に採用となりました。機械操作などの研修もあり、スムーズに職場に溶け込むことができました。今後は社員登用制度を利用して正社員への転向を検討しています。

 

証券会社から信用金庫総合職へ(32歳 京都府在住)

 

男性(30代)

 新卒で証券会社に入社し営業社員として勤務していましたが、厳しい営業ノルマをこなしているうちに、自分本位な勧誘をしている後ろめたさを感じるようになりました。そして、トータルな人生プランの提案ができる仕事に身を投じたいと思い、信用金庫の中途採用に応募しました。採用後は投資信託の専門部署に配属され、主力商品の企画に携わったり、研修講師を務めています。個人的には本来の目標としていたトータルな人生プランの提案ができる金融マンになるため、今まで経験のなかった融資業務について猛勉強をしている所です。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は信用金庫での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する