映像クリエイターの求人事情

職業:映像クリエイター

66views

imasia_15708844_M

 

業界が全体的に常時募集

 映像業界はハイレベルな専門知識・技術が必要とされます。その為、業務をこなせる人材には限りがあると言えますが、転職希望者、退職者、フリーランスなども多く、業界全体的に常時求人があります。

 

 さらに昨今ではスマホやPC、街中のディスプレイでも映像がよく流れているように、映像の需要が高く、仕事はたくさんあるのに人材が不足している状態です。ただ、全ての企業が求人広告に出稿しているというわけではなく、中小企業などは自社ホームページで募集していることも多いので企業をリストアップしてホームページもチェックしてみましょう。

 

 この業界の求人の特徴的な点として、ハイレベルな専門知識・技術が必要とされながらも、未経験可の求人が多いことが挙げられます。未経験可だからと言っても業務はプロとして行うので気力・体力共に覚悟して応募しましょう。

 

ハードな労働環境に人材が定着しない

 専門性のある人材が必要にも関わらず人材が定着していないのは、ハードな労働環境のところが多い為です。クオリティが求められながらも短納期であったり、人手不足にも関わらず仕事量が多い為、泊まり込みや休日出勤などが多く、心身共に病気になって離職する人や、同じ環境であれば待遇の良いところへと転職していく人が後を絶ちません。

 

 新しく入ってきた若い人材も、教育がしっかりされる現場は稀な為に途中で挫折し去っていくことも多くあります。映像クリエイターはカッコイイというイメージも強い職業ではありますが、かなり意志の強い人や職人肌の人、仕事をこなせるハイスペックな人材でないと長く続いていません。そこで、人材不足が甚だしく、未経験可でも募集をかけている状況です。

 

 専門的で敷居が高く感じる職種ですが、本気で目指す人、気力・体力共に自身のある人には足を踏み込みやすい業界です。

 

未経験歓迎の求人が多いとはいえ・・・

 未経験可の求人が多いとはいえ、映像制作の現場は日常生活に馴染みのない言葉が多く存在し、専用の機材を使用することも多いです。転職する前に予めネットや書籍で基礎知識を身に着けましょう。

 

 また、画像や動画・音楽素材を駆使して映像作品に仕上げるセンスも求められています。センスは一朝一夕で身につくものではありませんが、流行りのCMやテレビ番組などをチェックしてアイデアの引き出しを増やしましょう。これは、面接時の話題作りにもなります。

 

 現場では納期が極めて短い仕事も多々あるので作業のスピードも重要とされます。この為、高度な専門技術・知識を持った人が優遇されやすい傾向にあります。未経験可の求人とはいえ、知識・技術を持った人が優遇されるので準備できるところはしっかりと事前に学習しておくと良いです。

 

本記事は2017/03/15の情報で、内容は映像クリエイターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する