ホテルの調理師(シェフ)求人

業界:ホテル業界

515views

Chef in hotel or restaurant kitchen cooking

 

ホテルでは料理の質と味ゆえに優秀な料理人を常に求めている

 ホテルの求人で特に多いのが料理関係の求人と言えます。したがって、シーズンを通して調理師(シェフ)の求人は豊富になっています。ホテルの売物と言えばスイートルームのような豪華な客室、それに趣向を凝らしたすばらしいパーティなどがありますが、もう一つ忘れてはならないものとして、レストランの味と質があります。都市の高級ホテルともなれば館内にあるレストランには、和食、中華料理、西洋料理などがすべて揃っています。それだけに絶えず多くの料理人を必要としているのです。

 

 それに「包丁一本・・・」とか言われるように、この職種は比較的転職が多い世界であることも求人が多い原因となっているようです。和食が世界遺産になったり、ミシュランの格付けで西洋料理のシェフが一躍脚光を浴びたりして、このところ調理師の格はうんと上がってきており、調理師はいま人気上昇中の職業と言えるのです。

 

調理師と言えどもホテルへの転職では英語ができる方が望ましい

 調理師は料理の腕が良いのが一番です。しかしそれだけではいけません。特にホテルの調理師ともなれば語学力も必要になってきます。ホテルの調理師には和食、中華、西洋料理の3分野がありますが、一般的に語学を苦手としているのは和食の調理師に多いのではないでしょうか。しかし、ホテルではそれは通じません。なぜなら和食といえどもホテルでは外国人客が非常に多いからです。

 

 特に世界遺産になったこともあって、このところ外国人の和食に対する関心は非常に強くなっていますから、場合によっては西洋料理や中華料理より外国人客が多い事も珍しくないのです。そんな外国人客であふれた和食レストランで、調理人が語学が苦手であって良いはずがありません。したがって、ホテル業界で転職を目指すなら料理の腕と共に語学の習得にも励むと良いでしょう。

 

ホテルへの転職で待遇が良い料理分野は?

 ホテルで必要としているシェフは和食、中華料理、西洋料理の3分野です。さらに、和食でも寿司店だけを分離している場合もありますから、そうした場合は寿司職人も求められます。ホテルは高級になるほど売物としては客室や宴会だけでなく、レストランの料理の質や味もセールスポイントにしていますから、当然のごとくこの分野に優秀な人材を求めるようになり、料理の味と質でも名声を勝ち得たいと考えるようになります。

 

 ではこの3分野の転職で待遇面が良いのはどの分野でしょうか。まず第一に挙げられるのが西洋料理のシェフです。シェフになるのはコックから始まって長い経験が必要です。それだけにホテルでシェフと呼ばれる人は比較的高年齢の人が多くなっています。従って年齢給も考慮して待遇をよくしないと良い人材は集まりませんから、シェフは3つの職種の中ではもっとも高給になるのではないでしょうか。

 

 続いて和食の調理師です。前述したように和食は今外国人に大人気です。したがって、ホテルでもこの部門の売上は以前より大きく伸びています。和食調理師で経験の長い人は板長と呼ばれ、職場では最高の地位についています。この板長になると、転職では西洋料理のシェフに次いで高給で迎えられるのではないでしょうか。

 

 最後に中華料理の調理師ですが、ホテルではこの分野の長には本場である中国の人がついている場合が多く、日本人のトップは少ないのが普通ですから、ホテルに限ってはこの募集には特殊なルートを頼る場合が多く、和食や西洋料理のように一般的な求人募集がないことが多いようです。

本記事は2015/08/18の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
ページ上部へ移動する