フラワーアーティストのアシスタントの求人

職業:フラワーアーティスト

67views

imasia_16768412_M

 

フラワーアーティストのアシスタントの求人事情

  • アシスタントの公募はかなり少ない

 フラワーアーティストのアシスタントの求人は通年あるものの、フラワーデザイナースクールなどでは卒業見込みの生徒に優先的に声をかけたり、ホテルやフラワーショップなどではそこでのメインアーティストの判断で現在所属のスタッフの中から選抜されることが多いので、公募での求人数はかなり少ないのが現実です。

 

 また、独立して活躍するフラワーアーティストのアシスタントは大変人気があるとともに他の求人と同じく公募される数がとても少ないので、一般募集では狭き門となっています。アシスタントの求人情報を見つけたらすぐに応募できる準備を常にしておきましょう。

 

  • アシスタントの仕事内容

 フラワーアーティストのアシスタントの仕事は花材や花器の運搬から設営、生け込みや創作まで全てに渡っています。アーティストによっては大きな木材や花器を使って創作するのが得意な場合もあるので、会場への搬入など力仕事も当然含まれます。展示が終わってからの引き揚げ作業も最後の掃除まで全てするのが一般的です。

 

 しかしフラワーアーティストのそばで最初から最後まで見学ができる場合が多いので、自分の技術や知識を高めるためには大変良い経験となります。雑用係のように思わず、花に関連する全ての仕事を実際に体験できて身に付けることができる、と考えて流れなどを覚えておきましょう。

 

  • アシスタントの求人の条件

 求められる条件としては、基礎知識だけではなくスクールを卒業している程度のレベルは必要で、個性派でも構いませんが、メインとなるフラワーアーティストの意向を汲み、何事にも柔軟に対応できる人材が求められます。また、アーティストと一緒にいる時間が長くなるので、この人となら性格も合いそうで人間関係がうまくいきそうなタイプだと思ってもらえることも有利になります。

 

 資格はスクール卒業の証拠でもあるので持っているに越したことはありませんが、あまりそればかりを盾にしても通用する世界ではありません。様々な資格を持っているというのはそれだけ勉強してきているということですが、フラワーショップで働いていた、フラワースクールでアシスタントをしていたなど、実践での経験が資格の数よりも優先して重要視されることは確かです。

 

  • フラワーアーティストのアシスタントの公募は希少であり、採用においては資格よりも実戦経験が重視される。師の仕事の全てを見学できる貴重な体験となる。

 

本記事は2017/03/01の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する