正社員のフラワーアーティストの求人

職業:フラワーアーティスト

11views

imasia_5351031_M

 

正社員の求人が出る時期と採用先

 正社員としての募集は1年を通してありますが、1名だけの募集など、大変狭き門となっています。求人情報を見つけたらすぐに連絡をしてみましょう。

 

 採用先はホテルやウェディング会場、葬祭業、フラワーショップ、園芸ショップなど様々ですが、ウェディングブーケや会場花を実際の現場で作成した経験がある、フラワースクールの講師をしたことがあるなど、経験と実績があれば責任者やメインのアーティストとして迎えてもらえる場合もあります。アピールポイントとして有利な情報は履歴書に記入するなどして伝えておきましょう。

 

正社員のフラワーアーティストの仕事内容

 多くのフラワーアーティストやスタッフを一度に抱えているところは少ないので、正社員のフラワーアーティストとして採用された場合は、入社後すぐに新しいデザインの構築やブーケなどの高度な技術を要する仕事を任される可能性は大いにあります。

 

 お店のディスプレイを任されるのであれば、ウェディングフラワー関係では、ウェディングブーケ・会場装花・その他ブートニアなどの作成に携わります。一般的には既にデザインが決まっているものを指示通りに作成したり、お客様からの要望があればデザインや花の種類などの詳細を相談したうえで作成します。他にも、会場や建物全体のフラワーコーディネートを依頼されることもあります。玄関ロービやちょっとしたコーナーなどその季節に応じた全館統一のデザインを施します。

 

 フラワーショップ・園芸店などでは店頭販売するためのブーケなどを最初のデザインから任されることもあり得ます。お客様が見てつい引き寄せられるようなデザインを施しますが、これはフラワーアーティストの実力と本領を発揮するチャンスなのでしっかりと期待に応えられるようにしましょう。

 

  • 新たなデザインやブーケ作成などの高いスキルを要求される仕事を、入社直後から任される可能性も。

 

正社員の求人の条件・資格

 正社員のフラワーアーティストの求人に応募するにあたり、既に何らかの花の仕事の経験はあるはずです。しかし、経験はあっても資格は取っていないという人もいるでしょう。

 

 正社員の求人に応募する時点で資格取得のためにスクールに行っている場合は、資格取得見込みと伝えればいいのですが、雇用側はあくまで即戦力となる人を求めている可能性が高いので、資格は持っていないがどの程度のレベルの技術があるのか、今までどれくらいの期間花の仕事に携わっていたのか、ということを明確に伝える必要があります。

 

 雇用先によっては「資格を持っている人優遇」「資格保持者には別途支給」などと募集条件に記されている場合がありますが、もし自分の実力や経験に自信があれば応募してみる価値はあります。

 

 きっちりと基本から勉強をしてやっと資格を取ったばかりの人と、資格は持っていないが10年以上花屋で働いた経験のある人とでは、出来る仕事の内容や資質が違い、どちらにも良い面があって比べようがなく、結局は雇用側がどのような人材を今回の募集で採用したいのかということになるので、資格の有無に関わらず尋ねてみることです。

 

  • 特定の資格保有・採用後に資格取得必須を条件に掲げるケースも

 稀ではありますが、特定のフラワーアレンジメント協会や団体の資格保有が条件または採用後に資格取得必須、などという雇用先もあります。一概には言えませんが、雇用主がその団体の役員や会員であるためにそのような勧誘を条件にしている場合、またはその資格を取るレベルを保持してほしいという理由の場合もあります。

 

 いずれにせよ、資格取得という意味では問題はありませんが、協会や団体によっては資格を取得した本人が継続費用として年会費を支払っていかなければ資格がなくなるというシステムの場合もあり、会員となった後の条件や、その資格が本当に自分にとって必要かどうかをよく考える必要があります。会社や雇用主とよく話し合うことが大切です。

 

  • 資格保有を条件に掲げる場合もあれば、無資格でも即戦力を採用したい場合もあるので、まずは募集先に確認を。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する