フラワーデザイナー養成学校・スクールの講師の求人

職業:フラワーアーティスト

7views

imasia_6389388_M

 

講師として採用されるために必要なこと

 フラワーデザイナー養成学校、フラワーアレンジメントスクールなどでの講師の求人は不定期に募集されます。採用基準について、重要度が高いものから説明します。

 

  • 指導力:アーティストではなく指導者としての適性があるか

 講師として大切なことは指導力です。フラワーアーティストとして非常に独創的なデザインを創作する人の全てが、指導者として適しているとは限りません。あくまで指導者であるので、そのスクールなどでのテキストや方針に従って指導していく必要があります。

 

 レッスンを受けに来る生徒たちには様々な年齢や性格の人がいます。生徒のレベルを的確に把握し、レッスンを受けるのが楽しいと思ってもらえるように導いていくには、人柄も含め、鷹揚であることが大切です。

 

  • 技術:基礎基本を忠実に、的確に教える

 指導していくにあたり、避けては通れないのが技術力です。フラワーアレンジメントの基礎、ワイヤリングなど、遠い昔に覚えたことを忠実に思い出し教授することになります。基礎があっての応用という言葉を忘れず、しっかりと確実に指導することが、初心者をはじめとした生徒さんの技術の向上につながるのです。

 

  • 資格:取得していれば生徒の模範になることも

 スクールに通う生徒は、そのスクールでの資格取得や修了証を取得するために努力している人が多いです。そうした人たちの模範となるように、資格を持っていることは有利です。生徒から直接聞かれることは稀ですが、講師紹介などの広報で掲載される場合もありますので、資格は持っていた方が良いでしょう。

 

  • フラワーアーティストとしての独創性ではなく、生徒のレベルやスクールの方針に合わせて基礎を的確に教えるスキルが必要。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する