保険外交員の女性の働き方

職業:保険外交員

11views

imasia_8593752_M

 

育休産休制度は当たり前

 保険外交員として仕事をして経験を積む中で、女性は、結婚や出産、子育てに家族の介護など、様々なライフステージの変化に直面することがあります。昨今の日本では女性が活躍出来る職場づくりを推奨し、女性が輝けるような国にすることは重要課題の一つでもりますが、実際に女性が仕事で活躍しようとする際には様々な犠牲や問題が生じることもあります。

 

 そんな今の時代、女性の活躍推進を謳う会社や職場において、育休産休といった制度はもはや当たり前のものとなっています。保険会社においても、女性が喜ぶような福利厚生を設けるところは数多く、仕事と家庭の両立に悩む女性はこういった制度を上手く活用して働く人もいます。

 

 しかし、保険という商品は金利情勢や人々のニーズ、時代の変化に伴って見直すことが求められたりと、「入って終わり」で済むものではないため、定期的に研修やセミナーが行われ、そこでは新商品やサービスの知識を学び、顧客にも説明出来るように頭に入れておかなければなりません。ですから、いかに「育休産休制度は当たり前」といっても、その後仕事を継続するには継続的な努力が一定必要になってきます。(日々の勉強によって保たれていた専門的知識も、子育てに追われる中で薄れてしまうとも言い切れません。「休んでいる間に商品知識や商品をプッシュする力が衰えた」といったことなどから、周囲に迷惑をかける前にと退職を願い出る人もいます。)

 

 もちろん、育休産休を経てもしっかりと知識や対応力を維持して復職してバリバリ働き続ける人もいます。育休産休制度が制度として取り入れられていて取得実績があるのは生保業界では事実ですが、目指す働き方を実現させるには育休産休をカバーするだけの努力などが必要です。

 

結局働き方は女性それぞれ

 バリバリ働き続けながら自らのスキルを磨いてキャリアアップし管理職を目指す女性もいれば、結婚を機に退職する女性、育休産休を経て復職し周囲のサポートなども得ながら育児と仕事の両立を図る女性、子育てが一段落して働きたいと思ったことから中途で入社し成績を上げる女性、女性の保険外交員は皆それぞれの思いや展望を抱きながら働いている人が沢山います。

 

 自らの希望や仕事に対する姿勢などでその働き方は異なるので、この他にも様々なパターンがありますし、一概にこれが正解であると言うことは出来ません。自分に合ったやり方で活躍出来る働き方を見つけられれば、定年を迎えるまで長いこと働き続けることも出来るでしょう。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する