保険外交員のボーナス・インセンティブ

職業:保険外交員

35views

imasia_11988205_M

 

会社それぞれ

 保険外交員のボーナスやインセンティブについては各生命保険会社や所属する部署などそれぞれで扱いが異なり、月々の契約について給与に反映するところもあれば、ボーナスが支給される月に反映するといったところなど様々です。

 

 前者の場合は契約すればするだけ月々の給与が上がりますが、ボーナスについては雀の涙で数万円程度が固定されているに過ぎないといったところなどです。後者の場合はノルマのクリアによって月々の給与が保障される他、ボーナス支給月にどんと還元するといったところです。

 

 ボーナス・インセンティブは会社や雇用の条件などによりけりです。ノルマが達成できなければそもそもボーナスが支給されないといった仕組みを取っているところもあります。

 

場合によっては減額もある?

 一般に、ボーナスは一定の勤続年数が経ってから支給されるようになります。支給されるようになってからのボーナス額はボーナス査定月の成績に応じてのものとなるため、その人の成績によってまちまちです。数字を揃えられなかった人のボーナスは決して多いとはいえない額となりますが、花形のトップセールスであればボーナスだけで数千万円稼ぐこともあります。

 

 契約を取り続け、保険料や保険金の額が大きなものが重なれば重なるほどその成果の反映も大きなものとなりますが、逆に契約がまったく取れず、やっと上げられたと思っても少額の契約だったという場合はあまり旨味がありません。

 

 また、大前提として、保険の契約は継続されることに意味があります。必死に働きかけて取った契約でも、「初年度の契約から1~2年も経たない内に解約した」など、あまりに短期で解約されると販売方法などに何か問題があったのではないかと疑われますし、そうした短期解約では商品によってはペナルティが発生します。そのペナルティによって、せっかく発生した成績が取り消されるだけではなくボーナス査定にまで響いてボーナスが減額されるケースも存在します。

 

 仮にボーナスを増やしたいからと無理に契約を迫っても後から痛い目を見るのは自分自身ですので、ペナルティには十分に注意し、顧客と長い関係を作っていくことを目指しましょう。

 

ボーナスの支給が期待出来る職場は?

 ある程度福利厚生がしっかりした大手の生命保険会社であれば、ボーナス・インセンティブといった制度を設けていることが多いです。また外資系などではボーナスレートと呼ばれるそれぞれのボーナスが決まるレートがあり、そのレートにより支給されるボーナスの額が異なってきます。

 

 ボーナス制度が整っている職場の場合は求人内容にその旨を記載していることが殆どです。ただし細かな規定などは会社によって異なるため、事前に自分で情報を集める必要があります。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する