保険外交員としての適性(向き・不向き)

職業:保険外交員

257views

imasia_11805129_M

 

保険外交員に向いている人は?

 保険外交員としての適性(向いてるか)を一言で表すのは難しいのですが、一例を挙げてみます。

 

  • コミュニケーションスキル

 保険外交員として求められるもので挙げられる最たるものの一つに「コミュニケーションスキルがあるかどうか」があり、顧客や周囲の人間と円滑な人間関係を築けることが必要とされてきます。

 

 保険外交員の仕事は保険という商品を売ることです。顧客の声に耳を傾け、時には苦情にも真摯に対応しながらニーズを聞き出し商品を訴求する力がなければよい成績とはならず、最悪職員としての等級が下がったり解職処分となることも考えられます。

 

  • 向上心

 スキルを得るための意欲や向上心も大切です。日々の活動で失敗も重ねながら「次はこうしよう」「あの時上手く行ったやり方をあの人にも試してみよう」と自分から工夫して働きかけていくことで経験を積み、スキルを磨いていきます。どんなに高い学歴であっても、商品を勧めるにあたって上手く伝えられないようでは顧客には響きませんし、いつまで経っても契約に繋がることはありません。

 

  • ストレス耐性

 保険という商品を訴求する中では素気なく断られたり、苦情を受けたりといった場面も出て来ます。また、顧客によっては暴言を吐かれることもあります。そんな時に必要以上に傷ついたり人間性を否定された気分になって落ち込んだりするような人は、はっきり言って仕事になりません。仕事に対して真剣に取り組むことは大切ですが、その一方で仕事は仕事、と割り切ることが必要です。

 

 採用試験でもストレス耐性があるかどうか、ストレスを感じた時にはどう対処するかといったことを聞かれることもあります。これまでストレスを感じた時にどうやって乗り越えてきたのかといったことや、自分自信のやり方で上手くストレスを解消出来るかどうかなどが面接質問に入ることがあります。

 

保険外交員に向いていない人は?

 前項で挙げたことと逆の人、つまり、向上心や仕事に対する意欲がない人とストレス耐性がない人はまず向いていません。

 

 その他の不向きの条件としては、保険外交員の仕事は氏名や住所などの個人情報や個々人の病歴といった機密性の高い情報を扱う仕事のために、正確な処理を必要とされますが、ちょっとした取り扱いのミスが重大な事故に繋がることも有り得ます。そのため日頃からそそっかしいとされるタイプの人もこの仕事では不向きかもしれません。

 

 応募する場合は自らの性格などを踏まえ、慎重に検討する必要があります。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する