保険外交員の研修

職業:保険外交員

3views

imasia_2250325_M

 

研修は実際に働くための準備期間

 保険外交員として働くには生命保険募集人の資格が大前提となり、実際に入社した後はこの資格を取得するための研修期間が設けられます。研修は業界の説明から保険の成り立ちや仕組み、実際の商品のことなど多岐に渡ります。資格試験の合格後も研修は続き、より実践的な知識や敬語の使い方、基本的なビジネスマナーといった社会人経験がない人でもしっかりと働いていけるように学んでいきます。

 

 内容は新卒・第二新卒など社会人経験がない、もしくは浅い人や、違う業界からの転職者でも理解出来るよう工夫された比較的平易なものです。時には研修担当のトレーナーから詳しい会社風土を説明されたり組織の一員としてやっていくための具体的なポイントをレクチャーされることもありますし、研修を受ける側は「研修は今後その会社で働いていくための準備期間」としてしっかりと学ぶ必要があります。

 

実際に働き始めてからも存在する研修

 保険という商品は金利情勢や顧客のニーズ、年月の移り変わりで変化する商品でもあるため、一人前の保険外交員として認められた後も日々勉強に励まなければなりません。資格試験に合格した後も別の資格試験が控えていたり、新商品が登場したりサービスが切り替われば会社はその都度研修やセミナーを行い、社員に商品やサービスの知識を深めるようにと勧告してきます。

 

 この仕事では、「一度研修を終えればそれで終わり」ではなく不断のスキルを磨くことが求められます。キャリアアップすれば自らが研修やセミナーを行う側の立場になることもあります。日々めまぐるしい業務に追われる中でそういった勉強もこなし、自己研鑽に努めることが出来るかどうかといったことは、自らがこの仕事に向いているか見極めるポイントの一つでもあるのです。

 

経験者を求める職場での研修は期待しない

 保険外交員として求人を探す際、実務経験者や一定の成績を上げた経験者であることを採用条件としている会社も目に入ってくるでしょう。そのような会社では即戦力を期待しているため、入社後の研修もそこそこに働くよう求められることがあり、新卒からでも学べるような研修は期待出来ません。

 

 研修に力を入れていない会社では自力でスキルやノウハウを手に入れられなければならないこともあるため、知識やスキルに自信がない場合は未経験可/歓迎の職場以外は避けた方が無難でしょう。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する