福利厚生が充実している保険外交員の求人

職業:保険外交員

7views

imasia_11988205_M

 

正社員であれば充実している企業が多数

 正社員の保険外交員の求人の場合は、他一般企業と比べても比較的福利厚生がしっかりしており、健康保険制度や厚生年金、成果に応じた賞与の支給、勤続年数によっては退職金も出るといったところが多数です。一定の範囲内であれば通勤費も支給されますし、自家用車以外の交通手段を用いて顧客への訪問活動を行う場合は交通費が別途保障されていることもあります。

 

 勤続年数など一定の条件をクリアすれば夏季・年末年始の休暇やリフレッシュ休暇、アニバーサリー休暇なども取得することが出来、充実した福利厚生が多いのは、業界全体に言えることです。

 

 契約社員はこういった福利厚生の面が正社員と異なる場合があるので、事前に求人内容を確認し、納得した上で雇用契約を結ぶようにしましょう。

 

女性が活躍する職場ならではの福利厚生

 女性の活躍推進を謳う生命保険会社では、女性が働きやすいようにと労働環境を整えようとしています。働く女性ならではの悩みである出産と育児にも対応するべく育休産休制度が存在しますが、これは今やどの会社でも福利厚生に盛り込んでいることが多く、会社によってはこれに加えて介護休暇を取得することも出来ます。

 

 また、子育て中の女性であれば時短勤務を選択することも可能な会社も多いです。フルコミッションの仕事よりも給与が下がりますが、時間に融通を利かせることが出来るので保育園や幼稚園の送り迎えの時間に充てられます。こういった制度は事前に上司との相談が必要となりますが、福利厚生の一環として取得実績があるところが多数です。

 

 保険業界では、このように様々な福利厚生を設けて定着率を改善しようとする動きが見られています。特に女性が多い職場ですので、女性が喜ぶように福利厚生を手厚くする会社は多く、仕事と家庭の両立に悩む女性などからすればこの制度を使わない手はありません。日々の仕事で期日までに数字を整える必要があるため「内容を求められる仕事」ですが、その分しっかりと仕事をこなせば権利を行使することは容易です。大手の生命保険会社では保養所を構えていて、正社員は特別価格で利用することも出来ます。

 

福利厚生の利用と引き換えに求められるもの

 保険外交員の求人は比較的福利厚生が充実していることは前述の通りですが、その福利厚生を使おうとする際には、それなりの成績を上げていたり最低限のノルマはこなしていることなどが求められます。

 

 特に、育休産休といった長期期間の休暇を除き、休暇を取得するということはそれだけ実働日数が減るということです。休めるからと権利に胡座をかくようなことをすれば、少ない日数で数字を整えなければならず苦労することも考えられます。休暇の取得が自らの首を絞めることにも繋がりかねないため、福利厚生は時に計画的に利用しなければなりません。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する