ブランクからの再就職が可能な保険外交員の求人

職業:保険外交員

4views

imasia_10884571_M

 

ブランクがある保険外交員でも復職可能か?

 一般に、ブランクとはその仕事について経験があるものの離職し空白期間があることを言います。ブランクが生まれる理由は人それぞれですが、特に女性の場合は結婚や出産、子育てに家族の介護など、やむを得ない事情で職を辞すことがあります。

 

 しかし「結婚したものの落ち着いたので世帯内の収入を増やしたい」といった希望や、「子育てが一段落したのでまた仕事がしたい」などといった考えから再び社会復帰を考える人は今の時代とても多いです。女性が輝く日本は日本国家の成長戦略であり重要課題の一つですが、実際に女性が社会復帰をしようとする際には様々な問題が生じていたりハードルが高いといった現状があります。ただ、保険外交員に関してはこの「ブランク明け復職」が決して難しい職種ではありません。

 

 保険外交員はブランクよりも経験年数を重視されることもありますし、様々なアプローチ方法や営業スキルが身についていれば顧客も信頼を寄せてくれますので、これまでの経験を活かすつもりで飛び込んでみたらそう障壁が高くないという事例も多いです。どうしても不安であれば、職場の平均的な年代や雰囲気などから探してみるのもよいでしょう。

 

復職でも商品学習やノルマなどは覚悟しよう

  世の中で公開されている保険外交員の求人としてはブランク可/歓迎といったものもあり、保険会社としてもかつて保険の知識やスキルを得た人を雇用出来るといったことは教育の面から見てのメリットでもあります。

 

 ただ、保険の商品は世の中の流れや顧客のニーズによって日々変わる可能性を秘めたものです。仕事を離れた期間がほんの数年で、以前と同じ会社に復職出来たとしても自分が働いていた時との間にギャップが生じるといったことも考えられない訳ではありませんし、ブランクを乗り越えるためにはこれまで以上に勉強をする必要が出て来るかもしれません。そのため、そうした時にしっかりと勉強に打ち込めるか、仕事に対応出来るかといったことは必然的に求められる要素の一つでもあります。

 

 また、例えば子育て中であれば時短勤務をと考えることもあるでしょう。会社によってはそうした制度を設けているところもありますが、それでも月々のノルマは他の外交員と変わりません。少ない時間で数字を整えることを求められるため、時短勤務はよい制度ではありますが厳しい面も持ち合わせています。

 

 ブランク明けから復職する際は求められる水準と現在の自分の生活を照らし合わせた上で、育児と仕事の両立が大変であっても仕事を続けていくといった「続ける覚悟」を持つことが必要になってきます。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する