生命保険代理店の保険外交員の求人

職業:保険外交員

5views

imasia_13951614_M

 

代理店によって様々な保険商品を取り扱う

 現在国内には数多くの生命保険が存在していますが、大手や新規、外資系、ブランドを問わず様々な商品が日々研究開発されており、それぞれ会社によって異なる保険料や保障内容であったりと、今や保険のバリエーションはとても豊かなものとなっています。

 

 保険代理店は保険会社と代理店委託契約を結んで活動を行いますが、中には乗合代理店として数社~数十社に渡る保険会社の商品を扱う代理店もあります。保険外交員はその代理店のスタンスによって様々な知識を頭に入れなければなりません。代理店の規模によっては生命保険の他に自動車保険や火災・地震保険などといった損害保険も取り扱っている場合があり、そういった会社に転職を希望する場合は生命保険の販売資格の他に損害保険募集人の資格も取得する必要があります。

 

 現在の日本では保険会社が数多く存在していることから保険加入はある種の飽和状態に達しており、業界では顧客シェアを奪い合う状態です。そんな中、保険会社は自社で対応しきれない分のシェアを保険代理店に委託し、契約が成約すればその分のマージンを支払うという仕組みになっています。いわば「メーカーと販売店のような関係」で、保険会社は様々な保険商品を開発するメーカー、代理店はその保険商品を販売する店舗のような関係であると考えればイメージも掴みやすいでしょう。

 

保険代理店で求められるスキルや姿勢

 コチラの記事で「保険外交員は専門知識は必須ではない」と書きましたが、生命保険代理店で外交員として転職する場合、保険業界での実務経験者であることを求められることがあります。特に小さな代理店などでは少数精鋭で経営を行っていることも多く、欠員補充のために求人を出すことがありますが、その場合これまで働いていた人と同等かそれ以上、もしくは近い将来そうなるであろうといったスキルを持った人材を求めるため必然的に実務経験者を優遇する傾向にあります。例えばFPや損害保険の募集人資格などを取得していると、採用試験の際にも分かりやすくアピールすることが出来ます。

 

 ただ、上記のような生命保険代理店だけではなく、業界未経験であっても採用する生命保険代理店も数多く存在します。その場合は、経験が不足している代わりに、仕事をするにあたって必要とされる営業職としてコミュニケーション能力は採用時に求められることになるでしょう。業界や職種未経験でも、仕事に対する意欲や人物面で高評価を得られれば採用に繋がるケースも多くあります。

 

生命保険代理店の保険外交員のノルマ

 入社してすぐの新人は別として、働き始めると「月々の新規顧客○人」などといった営業目標が出て来ます。生命保険代理店は保険会社からの委託を受けて商品の販売を行いますが、マージン取得の率などから成約ノルマが設定されていることがあります。

 

 保険代理店は様々な会社の保険商品を扱える一方で、ノルマが課せられている会社の保険を多く勧めなければならない場面が出て来ることも有り得ます。このノルマについては代理店毎に様々ですが、生命保険会社とは異なり、「代理店ゆえのノルマ」が発生する可能性は頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

本記事は2017/02/28の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する