理学療法士の悩み・辛いこと・辞めたいとき

職業:理学療法士

448views

imasia_15480423_M_R

 

理学療法士の悩み・辛い時について

 夢をもって養成校に入り、試験に合格して理学療法士になっても悩むこと辛くなることは数多くあります。

 

 新人の時は、とにかく自分が担当している患者や利用者を良くしようと必死に頑張ります。学生時代には診たことのない疾患の方を受け持つことも多く、必死で勉強することでしょう。しかし、教科書には書いていない症状や動きなども多く、そういった際はどうすれば良いのか分からず悩むことも多いでしょう。

 

 また、先輩と同じことをしているつもりでも、なかなか良くならず悩むこともあります。新人の時や経験が浅いうちは、なるべく先輩や指導者的な立場の方がいる職場へ就職・転職した方が良いでしょう。また、先輩がしている治療やコミュニケーションの取り方を見て学ぶことも大切です。教えてもらうのを待っていては遅いことも多いです。

 

 患者や利用者は、待ってはくれません。患者や利用者も、今よりも少しでも良くするために一生懸命リハビリを頑張ろうとしています。その気持ちに応えるためには、患者や利用者の症状よりも一歩でも二歩でも先を進まなければなりません。

 

 また、職場内の人間関係でも悩むこともあるでしょう。しかし、それは理学療法士だけではなく、仕事をしている人全員に共通するものでもあります。一日を3つに分けるとすると、8時間は職場、8時間は睡眠、8時間はプライベートな時間になります。一日の1/3を過ごす職場が楽しくなければ、かなり辛いものとなります。

 

 転職は勇気のいることですが、まずは見学などに行き、その職場の雰囲気をしっかりと把握しましょう。また、自分自身の武器となるものがあると、自信を持って転職も出来るものです。そのためだけではありませんが、常にスキルアップを意識しておくことが大切です。

 

理学療法士を辞めたいと考えたら

 理学療法士に限らず、自分の限界を感じた時などには仕事を辞めたくなこともあります。一生懸命やっているのになかなか理解してもらえない時などにも、ふと「辞めたいなぁ」と考えることもあります。そんな時こそ、目の前の患者や利用者に集中することが大切です。

 

 どうしても辞めたい気持ちが収まらない時は、一度現場を離れてみるのも一つの手です。少しの間離れていると、また理学療法士としてリハビリしたいと思うかもしれません。

 

学生時代を思い出してみる

 理学療法士の多くは、学生時代の臨床実習で涙を流した経験があります。実際流さないまでも、それに近い気持ちや悔しい気持ちになったことがある人は多いはずです。レポートが提出できない、いくら頑張っても何度も修正させられる。そんな大変な実習を乗り越えて今があると言えるでしょう。

 

 学生時代は、仮に間違えた治療をしても、責任は学校や臨床実習指導者が取ってくれていました。ですが、理学療法士になった後は、自分がその患者のリハビリテーションに「責任」を持たなければなりません。

 

 理学療法士(自分)にとっては相手は一患者ですが、相手にとっては自分がとても大変な時期・重要な時期に支えてくれた「リハビリの先生」なのです。悩んで悩んでリハビリをして、元気に退院していく患者を見ることが出来るのは、理学療法士として何よりの励みになります。

 

 そして、退院後元気で頑張っている姿を見せるために、自分のところに訪ねてきてくれる患者と会うのは、何よりの喜びです。そんな純粋な「喜び」や「嬉しさ」は、一生懸命やった証です。その気持ちを忘れずに過ごせば、悩み・辛さ・辞めたい気持ちよしも、やりがいや嬉しさの方が上回ります。

 

 理学療法士は、そんな素晴らしい仕事です。この職業を選択肢、学生時代を乗り越え、理学療法士になった自分を誇りに思い、日々の業務に励んでいければ最高です。

本記事は2017/02/27の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する