保険外交員の求人事情

職業:保険外交員

75views

imasia_16314217_M_R

 

保険外交員の求人は多い

 生命保険業界では、ネット生保や保険窓口販売が増加傾向にあり、顧客の選択肢の幅が昔よりもぐんと増えたことから、保険外交員が新規で契約を取るのもなかなか難しいと言われるのが昨今の現状です。そんな中、ノルマや目標管理などの問題や業務による疲労感から退職する人もいるため、業界での離職率もそれなりの数字となっており、その欠員を補充するため保険外交員の求人は全国各地で出ています。

 

 大手と中小で規模別で比較してみると、街の小さな代理店では必要とされる人員も大手の営業所ほどではなく少数精鋭といったスタイルのため、ベテランが退職して欠員が出た場合などを除いて普段は求人を出していないといったケースが多いですが、全国に支社があるような保険会社であれば高確率で常に募集を行っています。

 

年齢不問だが体力や相応のスキルが求められる

 保険外交員は、大手保険会社では新卒採用も行っていますが、その一方で多くの会社で中途採用は積極的に行っています。

 

 保険外交員の仕事は正社員雇用がほとんどで、主な活躍世代は概ね20~50代と幅広いです。実力で判断されるため、公開される求人情報の段階で「○歳以下の募集」などと条件づけされていない限り年齢を問われることはほぼありません。子育てを終えた主婦層からでも十分に転職を狙えます。多くの求人で基本的には「年齢不問」と考えていいでしょう。

 

 ただ、顧客ベースで常に忙しく体力勝負な面もある仕事なので一定の体力があってフットワークが軽くなければ務まりませんし、仕事を長く続けていくには商品を訴求し続けられる相応の営業力やコミュニケーション力が求められます。これらは入社してから鍛えることも出来ますが、これまでの職務経歴の中でスキルを備えていたり素質がある人が好まれる傾向にあります。

 

求人媒体は?

 他の職種と同様、求人サイト・自社HP・情報誌などからの応募が多数を占めます。HPで求人情報を掲載しているところも多く、求人自体は比較的容易に探せます。居住地域などの問題から働きたいエリアが決まっている場合は求人サイトで地域指定したりするといいでしょう。

 

 また上記以外にも、現職の保険外交員に誘われて仕事に就くという可能性もあります。それは純粋なスカウトの他、普段こなす仕事の中に「新人を勧誘すること」が含まれている場合が多いためです。もし声をかけられて仕事に興味がある場合は事前にその会社で行っている募集内容を検索してみましょう。勧誘の内容と掲載されている求人内容とに相違ないかをチェックし、少しでも気になることがあればその時点で確認するなど、自分に合った職場かどうかをしっかりと見定める必要があります。

 

本記事は2017/02/27の情報で、内容は保険外交員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する