理学療法士にプラスして持っておくと良い資格

職業:理学療法士

21views

pixta_12654181_M

 

理学療法士協会の教育プログラム

 理学療法士の資格を取得した新人は、基本的に各都道府県の理学療法士会に入会します(その総括が日本理学療法士協会になります)。理学療法士協会では、生涯学習プログラムが実施されており、多くの新人は卒業後3年間の間に新人教育プログラムに参加し、決められた単位を取得し修了します。

 

 この新人教育プログラムは、「専門理学療法士」や「認定理学療法士」を取得するための必須項目となっています。さらに「専門理学療法士」「認定理学療法士」は、それぞれ「運動器」「脳血管障害」「内部障害」など、分野が細かく設定されており、自分の興味のある分野の勉強会参加や学会発表などを経て資格を取得していきます。

 

 理学療法士として業務を進めていく中で「どの分野に進むか」もしくは「自分の業務に必要か」を検討していくと良いでしょう。

 

専門・認定資格以外にも仕事に役立つ資格は多い

 それぞれの分野で必要な資格は、専門・認定資格以外でも数多く存在します。

 

 例えば、運動器疾患を主に診ている理学療法士であれば、テーピング関連の資格もあります。キネシオテープや各種テーピング用品のメーカーが主催している場合もあります。

 

 呼吸器疾患を診ることがある理学療法士であれば、呼吸療法認定士もあります。呼吸療法認定士は、正式には「3学会合同呼吸療法認定士」と言います。3学会とは「日本胸部外科学会」「日本呼吸器学会」「日本麻酔科学会」で、日本でも歴史がある学会が認定している資格です。5年ごとに認定の更新がありますが、理学療法士には人気の資格ですし、呼吸療法認定士は医療分野でも介護分野でも認知されており、呼吸器疾患にしっかり対応できる理学療法士として、最近では在宅診療や訪問リハビリでも認識されています。

 

 介護保険分野でリハビリテーションを行っている理学療法士は、介護福祉士やケアマネージャーを取得している方もいます。特にケアマネージャーは、理学療法士にも受験者は多いのですが、認定試験合格後には、指定された時間の研修や5年ごとの更新もあり、実際にケアマネージャーとして活躍するというよりは、介護保険についての勉強や他職種との連携を取っていくための知識として持っている方が多いです。

 

 どの資格を取りたいか、またどんな資格を持っていると業務に役立つかなど、常日頃からアンテナを張り巡らせておくと良いでしょう。取得したい資格には、経験年数や新人教育プログラムの修了も必要な場合もありますので、受験資格についても必ず各協会に確認しましょう。

本記事は2017/02/24の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する