ファッションバイヤーの適性

職業:ファッションバイヤー

132views

imasia_3156767_M_R

 

ファッションバイヤーに向いている人材

  • 何にでも興味を持っている

 ファッションセンスを磨く上でも、ファッション以外の事でもトレンドの情報を収集する力は必要です。そのために、様々な物事に興味を持つことが大切です。

 

  • 数字への執着心がある

  バイヤーには常に数字がつきまといます。会社からは多くの売上予算を与えられ、メーカーとは少しでも利益を残すために価格交渉をし、自分の仕入れた商品の受注状況や在庫状況を把握しなければなりません。自分の判断した事が全て数字で結果として出るバイヤーにとっては、数字は切っても切れない関係です。数値結果に対してどう対応するかで、自分の今後の成果が左右されるので、数字に対しての執着心がある人が望ましいです。

 

  • 探究心が強い

 自分の仕入れた商品が売れた場合は、売れた理由を考え追加をするか、また次に仕入れる商品へのヒントとします。逆に売れなかった場合は、何が悪かったのか分析をして次に活かします。バイヤー業務はある意味、この繰り返しと言えます。そのため、自分の商品に対して責任を持ち、常に「なぜ?」という気持ちをもって仕事と向き合う事が重要です。

 

  • 様々な物事に興味を持ち、数字への執着と探求心が強い人が向いている。

 

ファッションバイヤーに向いていない人材

  • 打たれ弱い

 自分が売れると見込んだ商品が売れない場合や、商品にトラブルが生じて販売中止をして売上に影響が出る場合など、自分の思いとは違う事も場合によっては起こります。その都度、落ち込んでしまう打たれ弱い人はバイヤーになると苦労します。トラブルが起きても、同じ失敗は繰り返さない様に、前向きでいれる人が適任です。

 

  • 時間にルーズ

 商品の発注納期・サンプル修正指示納期など、多くの商品を抱えているバイヤーは常に納期に追われています。また、メーカーとの商談や店舗臨店など様々な人と関わる仕事でもあります。コミュニケーション能力が重要なバイヤーにとって、時間にルーズな人は、最終的には他人からの信用がなくなり、仕事に支障が生じるといえます。

 

  • 自分の考えを伝えられない

 商品サンプルを見て自分のイメージと異なっていても、それをメーカーに伝えられなくては一向に商品が出来上がりません。仕入れ計画を立て自分の目指すべき方向性を考えたとしても、それを上司に伝えられなければ、仕事になりません。自分の言動一つで多くの人とお金を動かすバイヤーにとって、自分の考えを伝えられない人は、まずバイヤーにはなれません。「こうしたい。」「こうして欲しい。」と自分の考えを持ち、バイヤーはいわば司令塔になることが求められます。

 

  • 打たれ弱く時間にルーズ、そして自分の考えを伝えられない人は向かない。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容はファッションバイヤーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する