フラワーアーティストの転職と自己PR

職業:フラワーアーティスト

9views

pixta_7756243_M

 

フラワーアーティストの履歴書や面接に効果的な自己PRとは?

 フラワーアーティストが転職する際、履歴書送付時や面接時に必要な自己PRとはどういったものかを説明していきます。

 

  • フラワーアーティストとしてのこれまでの活動・作品をまとめる

 ワークショップや展示会などに出品したことがあれば、どういった趣旨でどのような作品を出展したのかを簡潔にまとめておきます。またフラワーアレンジメント講師の経験なども、内容や教えた人数、レベルなど写真やテキストを残しておきましょう。規模の大小に関わらず、これは常に記録として残していくことが大切です。また、一人で完成させたのか、数人で行ったのかなども記しておきます。

 

 そういった経験を踏まえた上で、自分がどういった活動に向いているのか、どのようなことが楽しいと思えるのか、これからどういう事がしたいのかということを短時間に理解してもらえるようにまとめておきましょう。

 

  • 記録媒体を残す

 経験したことのあるワークショップや展示会での写真やビデオなど、記録媒体を用意しておきます。これはこれから先、新作を考えていく際の参考として、または求職時の提示物としてなど、どんな時にも役に立つものです。もちろん転職の際の自己PRとしては進んで提示しましょう。

 

  • ポートフォリオを製作

 履歴書と共に今までの作品集(写真集)を作っておきましょう。写真を貼っただけでも印刷をしただけでもいいのですが、フラワーアーティストとしてのセンスを問われることになる可能性がありますので、できる時に納得のいくものを作っておきます。上質なアルバムや写真と共に書き込めるノートタイプなど、お気に入りのものを用意し、それを見れば自分のすべてが分かる、というくらいの仕上がりにしておくと、いざという時に大変役立ちます。

 

 海外では言葉や対面での面接よりも作品を重視することが多く、作品をプロの写真家に撮影してもらって製作する人もいるくらいです。絶対に専門的なものを作る必要があるわけではありませんが、ポートフォリオを作ることの重大さは認識しておくべきです。言葉で饒舌に語るよりも、こういった形での自己PRの準備をしているという姿勢が重要視される場合もあります。

 

  • 出典作品や経歴を分かりやすくまとめて、魅力的なポートフォリオとして残しておけば、有効な自己PRになる。

 

本記事は2017/02/24の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する