ファッションバイヤーになるには

職業:ファッションバイヤー

383views

imasia_1025836_M

 

販売員を経験したのちにバイヤーへ

 ファッションバイヤーになるのに、特に資格は必要ありません。しかし、バイヤーにはファッション知識はかかせません。そのため、服飾の専門学校を卒業した後に、アパレル企業に就職する人が多くいます。

 

 また、中・小企業では問題ないですが、大手アパレル企業のファッションバイヤーになるには、一般職ではなく総合職で入社する必要もあります。服飾専門学校・大学を卒業⇒アパレル企業に就職⇒販売員として勤務⇒ファッションバイヤーという段階が一般的です。

 

 企業に入社と同時にバイヤーに就く人はほとんどいません。まずは販売員としてブランドのお客様の客層の把握・コミュニケーション能力を身につける・売れる商品の傾向をつかむなどの事からスタートをし、そこで力をつけてからバイヤーへ転身となります。しかし、販売員をしたからといって誰でもバイヤーになれるわけではありません。バイヤーという限られたポジションに就くには、ファッションセンスはもちろん、売れる商品を見極める力が必要です。

 

  • 特に資格は必要ないが、服飾専門学校を卒業した後にアパレル企業に就職する人が多くいる。

 

他業種からのバイヤーへ転身

 バイヤー経験は全くの未経験であっても、アパレルに通じる仕事をしていた人がバイヤーになる場合もまれにあります。

 

 例えば、雑誌の編集をしていた人の場合は、バイヤーと同じくトレンドにはとても敏感で先を読む力がついています。スタイリストも同様で、その時のトレンドをうまく組み合わせてスタイリングを作り上げる力があります。こういった職種で活躍していた人は、物作りの経験はなくとも、ファッションセンスを見込まれて、バイヤーへ転身する人もいます。

 

  • 物作りの経験はなくとも、ファッションセンスを見込まれてバイヤーへ転身する人も。

 

個人経営のショップバイヤー

 個人経営ショップのバイヤーなら未経験でもすぐになれます。オーナーが自ら海外へヴィンテージ商品を買い付けに行って販売をしている様な個人経営のショップなら、売れる商品の見極める力と交渉能力があれば問題ありません。海外へ買い付けに行く語学力があれば、尚有利です。

 

  • 個人経営ショップのバイヤーなら未経験でもすぐになれる確率が高い。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容はファッションバイヤーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する