フラワーアーティストの年収相場

職業:フラワーアーティスト

58views

imasia_13522519_M

 

フラワーアーティストの年収は?

 フラワーアーティストの年収は、その仕事の内容や就業形態、またアーティスト自身の実績や知名度によって変わります。

 

  • エキシビションやディスプレイ専門の場合

 エキシビションや会場ディスプレイなどの規模や花材によって請け負う値段は変わります。また契約期間がどれくらい長いかということも、途中の展示品のケアやフォローを含めて考慮する必要があります。

 

 また、フラワーアーティスト自身の実績や知名度によるところもあり、ギャラは0円から数百万ということになります。0円というのは花材費だけ頂く場合や、全て寄付(技術料も)という特別な場合をいいます。例えば町の催しにディスプレイを施し、無料で貢献するなどです。

 

 身近な例としては、市民ホール規模でのお正月用の装飾なら、松などの高級花材を使い、技術料として1万円〜(花材費別)が良心的な提示額です。大きなデパートやショーなどはその限りではありません。

 

  • 講師として仕事をする場合

 フラワーアレンジメント教室を個人で開く場合は、レッスン料として価格を自由に決められます。初心者向きの基礎的なレッスンなら、生徒1人分につき花材費別でレッスン料として500円〜です。ウェディングフラワーなど特別なテクニックを要するものは少し高額で1000円〜になります。当然、生徒が多ければ多いだけ収入は増えていきます。フラワーデザインスクールの講師などに就く場合は1回5000円~1万円くらいが相場です。

 

  • 生花店やホテルなどに所属して仕事をする場合

 その会社の就業形態にもよりますが、月給で大体10万円~18万円くらいが相場です。もちろん実績や知名度によって交渉することは可能です。正社員として契約する場合と、フリーのフラワーアーティストとして契約する場合では違う給料形態になる時もあります。

 

  • ディスプレイの場合は規模や花材、契約期間、実績や知名度によって開きがある。講師ならば難易度に応じて1レッスンごとの金額を設定、企業所属なら月給10~18万円程度が相場。

 

本記事は2017/02/23の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する