フラワーアーティストの採用先の分類

職業:フラワーアーティスト

41views

imasia_14935853_M

 

フラワーアーティストの主な採用先・働き方

  • ホテルやウェディング会社などに所属

 ホテルやウェディング会社と、社員として契約するフラワーアーティストです。正社員の場合や契約社員の場合があります。契約中は日数・報酬などは安定しています。もちろん会社の契約条件、依頼内容に沿って仕事をしますので、あまり個人的なデザインや趣向を尊重してもらえないこともあります。しかしある程度の知名度や実績があれば、それをもって交渉していくことも可能です。

 

  • フラワーショップ・生花店勤務

 花屋での仕事です。店によっては早朝の仕入れに行ったり、店を一人で任される時間があったりするため、上級の知識とテクニックは必要です。仕事の内容は花木の生態からアレンジメント(お祝いの花からお葬式の花まで)まで広範囲に渡り、花木を使ったシチュエーションの知識は広がります。

 

  • フラワーアレンジメント教室の講師

 デザイナー養成の学校などでフラワーアレンジメント講師として指導します。こちらも契約中の日数・報酬などは安定しています。講師ですので、上級以上のテクニックと知識が必要とされます。その学校の方針や使用するテキストに沿ったデザインを多く指導することになり、オリジナルのデザインを制作披露する機会は少ない可能性があります。

 

  • フラワーアレンジメント教室を個人で開く

 個人でフラワーアレンジメントの教室を開きます。仕入れや教室の確保、生徒募集など全て自己責任ですので、軌道に乗るまでが勝負です。講師としての自覚を持ってやり遂げる自信と準備を怠らないようにしなくてはなりません。自分のカラーが出せるので楽しい反面、人柄や日常の生活まで評価されることになるので、日々の過ごし方なども気を付けていく必要があります。

 

  • フリーのフラワーアーティスト

 その名の通りフリーで仕事をします。エキシビションやディスプレイなどの契約を個人で結び、その都度の契約事項に沿って作品を制作します。契約は長期のものもあれば一回限りのものもあり、日数・報酬ともに不安定です。しかし、自分の感性の赴くままに制作することが可能な場合が多いので、フラワーアーティストとしては本望でしょう。

 

  • ホテルやウェディング会社、生花店、スクールなどの企業に所属するほか、個人で教室を開講、フリーランスのフラワーアーティストとして仕事をするなどの活躍の仕方がある。

 

本記事は2017/02/23の情報で、内容はフラワーアーティストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する