企業の理学療法士の求人

職業:理学療法士

236views

imasia_14276812_M

 

一般企業で活躍している理学療法士

 医療機器メーカーや各研究機関などの一般企業で働いている理学療法士もいます。業務内容としては、医療機器の開発チームの一員としての参加や各施設への医療機器の説明、その機器を使用した際の研究発表、関連書籍の出版など多岐に渡ります。

 

 医療機器メーカー内においては、一般社員の付加価値として理学療法士資格を保有しているため、企業サイドからは「医療に詳しい社員」とみなされることがほとんどです。よって、転職するにあたっては「理学療法士としてどういった経験をしてきて」「どんな希望をもって転職をしたいのか」をアピールしましょう。理学療法士としての経験を積んでから転職した方が、より充実した仕事が出来るため、それまでのスキルアップは必須です。

 

養成校の講師として勤務する

 理学療法士養成の専門学校や大学で教員として働く選択もあります。教員として就職するためには、臨床経験5年以上が採用条件となっています。病院や施設での学生指導の際も、臨床実習指導者は最低4年の経験が必要となっているため、これから理学療法士を目指す学生を相手にするには、やはり最低でも5年は必要です。

 

 養成校の教員は、臨床経験があれば就職が可能です。小学校や中学校・高等学校とは違い、改めて教員免許などは必要ありませんが、大学などでは教授、助教、准教授、講師、助手などと分けられており、立場によって担当する授業や待遇も変わるため、可能であればそういった学位もあると良いです。

 

 学校関係の勤務も経験加算され、経験年数によって給料も変わります。学生を指導する立場であり、臨床実習においては各病院や施設での理学療法士と対等に向き合うことも多いため、経験豊富な理学療法士の方が活躍していることが多いですが、最近では5年の臨床経験を経てすぐに教員を希望する理学療法士も増えています。授業の担当は、それまでの臨床経験を考慮して行うことが多いですが、教員の人数によっては一人で何科目も担当する場合もあります。

 

 学校関係の求人は養成校の増加・人員不足もあり比較的多く見られます。しかし、現在の養成校の数と志願者の数が釣り合わず、学校経営も難しい時代になってきているため、今後の求人は増えにくいと予想されています。

 

スポーツチームで理学療法士として働く

 近年は、サッカーや野球のプロチームの専属理学療法士としての就職も人気があります。トレーナーとしての採用になることがほとんどであり、一般的な整形疾患の知識の他、各スポーツ関係の独特な動きやフォームなどの知識が必要です。また、プロゴルファーなどからも個人での専属理学療法士をオファーされることもあり、活躍の範囲は拡がっている分野です。

 

 しかし、採用人数は非常に少なく門戸は狭い状況です。もし興味があり将来的に働いてみたい希望があれば、まずはスポーツ整形を専門としている病院やクリニックで勤務経験を積んでおき、将来的なチャンスに備えておくのがベターでしょう。

本記事は2017/02/23の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する