老人保健施設の理学療法士の求人

職業:理学療法士

4views

imasia_9920762_M_R

 

増えてきている老人保健施設の理学療法士求人

 理学療法士の求人で、病院に次いで多いのは介護老人保健施設です。介護保険制度がスタートして、徐々に介護保険というものが世間に認知されてからは「施設=暗い」「寝たきりが多い」といったネガティブなイメージも払拭されてきており、介護老人保健施設も理学療法士の転職先として人気になってきています。

 

 また医療費抑制のため、各病院は国から入院期間の短縮を通達されている現状があります。在宅生活へのスムーズな移行のため、また特別養護老人ホームの入所待機のための入所者も多く、リハビリを対象としている方ばかりなので、理学療法士が活躍しやすい職場となっています。

 

老人保健施設における入所と通所

 一般的に、老人保健施設の規模によって理学療法士の必要数は違ってきます。しかし、「老人保健施設のリハビリ=生活期(維持期)」というイメージが強く、経営者サイドが力を入れていない施設もあります。また、その逆もあります。老人保健施設にはリハビリテーション専門職の配置は必須であるため、施設経営者の考えによって理学療法士の人数の違いがみられます。

 

 また、老人保健施設の多くは入所の方を対象にしたリハビリだけではなく、通所リハビリテーションも行っており、そこにも理学療法士の配置が必要になってきます。 中には、「入所者のリハビリを行う理学療法士」と「通所リハビリを行う理学療法士」で業務を分担している施設もあります。しかし、人数が少ない場合は入所者と通所リハビリ利用者の両方のリハビリを行う場合があり、この点については転職前に確認をしておきましょう。

 

 介護老人保健施設の入所・通所を考えると、病院経験しか無い理学療法士は大変さを感じるかもしれませんが、病院においての「入院」「外来」と同様と考えれば良いでしょう。病院でも入院と外来の患者を同時に診ている理学療法士がいるのと同様に、老健でも入所と通所を同時に診ている理学療法士がいるということです。

 

理学療法業務だけではなく、管理業務を求められるケースも

 介護老人保健施設は、病院と在宅の中間施設として位置付けされています。入所中には、在宅復帰に向けての身体機能の回復だけではなく、寝返りから起き上がり、座位姿勢の安定や立ち上がり動作の習得などの基本動作能力向上のリハビリ、トイレ動作や入浴動作の獲得などの日常生活活動リハビリを行い、自宅へ帰ることを目標とします。

 

 また、諸事情により在宅生活への復帰が困難な場合、特別養護老人ホームへの入所待機者の方へも同様にリハビリを行います。先々での施設内で、可能な限り自立に近い生活を送れることを目標とします。

 

 それらの目標達成のため、入所者および通所利用者のリハビリだけではなく、その利用者を中心としたサービス担当者会議に出席することがあります。病院で言えば、カンファレンスや症例検討会のようなものですが、構成するメンバーが違ってきます。本人や家族、ケアマネージャー、リハビリ専門職、介護福祉士、支援相談員などがそのメンバーになります。

 

 それぞれが専門性を出し、より良い在宅生活を送るためのサービス提供をどう実施するかがメインの議題です。その場面でリハビリテーションの視点から見て、対象者の状況に合致したサービスのアドバイスなども行わなければなりません。 そういった業務の中、外部の関係者からも質問されることもあるため、入所者や通所者の全員の状態を網羅しておく必要があります。こういった管理的業務があることも念頭においておきましょう。

 

 訪問リハビリテーションを行っている施設もある

 老人保健施設においても、訪問リハビリテーションを行っている施設があります。これは介護保険制度ができてからになりますが、その施設の通所リハビリ利用者が、その施設からの訪問リハビリを行っているケースも少なくありません。

 

 そういったケースにおいては、通所リハビリを利用している時の社会的な面も確認できるため、訪問リハビリもスムーズに進めやすくなります。老人保健施設への転職を検討している場合は、その点も確認が必要です。訪問リハビリテーションを行うためには、それなりの経験が必要ですので、自分の経験と力量を考慮することも大切です。

本記事は2017/02/23の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する