理学療法士の年収相場

職業:理学療法士

51views

imasia_2690566_M

 

 以前は、売り手市場と言われるほど引く手あまただったため、理学療法士の年収は転職者の言い値だった時代もありました。理学療法士は医療職種のためいまだに好待遇が期待されますが、現在は有資格者が増加したことを背景に年収は減収傾向にあります。勤務先によって年収にも大きな差が生じることもあり、同年代の平均年収を下回ることもあります。ここでは、職場別・条件別に給料事情をとチェックしていきましょう。

 

病院・クリニック等の医療施設

 国公立や医療法人などの種類によって変わりますが、おおむね月収では20万~30万円で、年収にすると350万~500万円くらいです。国公立では公務員給与に準じており、昇給もそれに従います。医療法人では初任給の設定にもよりますが、多くの病院では一年ごとに昇給します。ボーナスもほとんどの病院で支給されますが、民間病院では経営によって変動することもあるので、確実に支給されるとは限りません。

 

 最近は、整形外科や内分泌疾患などに特化したクリニックに就職している方も増えていますが、クリニックは完全に個人経営が多いため、一般病院よりもやや低めに給料が設定されている場合が多いです。

 

 病院では、管理職になると管理職手当が付きますので、月給は高くなりますが基本給に反映されているかはその病院の経営者の考えによって変わってきます。

 

介護保健施設や介護福祉施設

 基本的には病院の給料設定と大きな相違点はないです。しかし、理学療法士の就労数が病院よりも少ないこともあり、やや高めの給料になっている施設も多いです。特に、デイケアなどを行っている施設では仕事量も増えるため、高めの給料で経験者を募集している施設も多いです。

 

パートで働く場合の相場

 家庭を持っている理学療法士の中には、正社員ではなくパートで働く方もいます。時給は1500円~3000円、平均2000円程度が一般的です。時間の融通が利くといった点では、正社員よりも自由ですが、原則ボーナスは支給されません。

 

 また、国公立の病院などでは産休を取得している職員の代わりに、臨時職員が採用されることもあります。その際は、正職員と同様の給料が支給されますが、期間限定のため再雇用があるかどうかは、その施設の人員の充足度に左右されます。

 

月給制か年俸制か

 年俸制を採用している病院も一部あります。月給制の年収とは違って、ボーナスや残業代込みのため就職する際には確認しておく必要があります。目先の金額だけではなく、その給料に見合った仕事量なのかをチェックしておきましょう。

 

男性と女性で平均年収の差が少ないのも特徴

 理学療法士の年収は、他の職業と比較すると男女の給与格差が小さいのも特徴の一つです。生活していく上では十分な給料がもらえますが、家庭を持つことになるとやや厳しく、共働きが必要な状況になる可能性もあるということも念頭においておきましょう。

本記事は2017/02/22の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する