理学療法士の求人事情

職業:理学療法士

57views

pixta_22369383_M

 

理学療法士の有資格者が増加中

 以前はリハビリ専門職の絶対数が少なかったこともあり、病院や施設ではかなりの人材不足でした。医療保険でのリハビリ算定料も高かったため、好条件での求人が多かったです。

 

 現在は、養成校も増加し毎年多くの理学療法士が誕生しています。もちろん求人先はまだまだありますが、理学療法士の数が増えたことにより、都市部の病院や施設等の求人先は徐々に減少傾向にあります。病院・施設内理学療法士数の地域格差も徐々に減っては来ていますが、都市部は人員が充足しているのに対して地方部ではまだまだ不足しています。

 

 養成校と有資格者の増加によって、就職・転職するにあたっても「選ぶ時代」から「選ばれる時代」になってきています。「有資格者であれば経験が少なくても構わない」といった病院や施設もあり、そういった職場では以前よりは給料も下がってきている傾向にあります。給料の面も含めて、「選ばれる」ためには、理学療法士だけではなく他のスキルも必要になってきています。

 

理学療法士はまだ成長過程にある資格

 理学療法士は、歴史的な面とその職業柄から「按摩・マッサージ師」と間違われることも多く、高齢者になるほどその傾向は強く見られます。理学療法士とは「どういった仕事をしていて」「どんな面に能力を発揮するのか」を一般の方にも十分理解してもらえるよう、これからも働きかけていく必要があるでしょう。

 

 介護保険が導入されてから、理学療法士が活躍できる場が「病院・施設」の内部から、在宅でのリハビリ(訪問リハビリ)も増えました。そういった面も考えると、まだまだ成長過程にある資格とも言えます。

 

 多くの有資格者が加入している「理学療法士協会」では、新人教育プログラムなどの生涯学習を始め、看護師と同様、各分野に分かれている「認定理学療法士」「専門理学療法士」も推進しています。国家試験に合格し有資格者となった後も、多くの勉強が出来る環境も作られているため、今後はますます専門的な知識を身に着け、専門的な資格を取得することも必要になってくるでしょう。

 

 理学療法士だけではなく、その他の付加価値を自分自身でどうつけていくか、それが就職・転職をするにあたっての大切なことになってきます。

 

  • 資格保有者の増加から、都市部においては求人数は減少傾向にある(地方部ではまだ人材不足の傾向)。
  • 理学療法士協会のプログラムなど教育体制は充実しているので、専門的な資格を追加取得するなど、自分自身のスキル・付加価値をつけていくことが転職市場では強みになる。

本記事は2017/02/22の情報で、内容は理学療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する