繊維メーカーのワークライフバランス

業界:繊維メーカー

30views

imasia_7097693_M_R

 

目指すワークライフバランスを考えよう

 転職するにあたっては、自分がどんなワークライフバランスで生活をしたいかを考えることも重要です。特に繊維メーカーは、職種や会社によっても仕事の負荷や時間の自由度に差があるので、ワークライフバランスも多様です。目指すワークライフバランスが決まると、転職の際の優先条件が明確になるため、企業選びもスムーズに進めることができます。

 

 ワークライフバランスにはどれが正解ということはなく、「しっかり働いて、やりたい仕事に打ち込みたい!」「家族や友人との時間を大切にしたいので、残業は控えたい」など、個人それぞれが目指す生き方を選ぶことが大切です。以下にいくつか例を挙げてみます。

 

  • 1.仕事にウェイトを置き、大きな仕事をしたい!

 バリバリ働きたい、仕事で充実感を得たい、という人には、繊維メーカーの営業や企画部門がおすすめです。メーカーの花形でもあるこれらの部門は、製品を売る喜びや社内外の多くの人と関わる楽しさがあり、結果が数字として出やすいために自成果を実感しやすい仕事です。大手の会社であれば海外出張も多く、世界を股にかけた達成感のあるタフな仕事をすることもできます。

 

 一方で、これらの部門はどの会社でも残業や会議が多く、自分の時間を取りづらい傾向があります。また人間関係のストレスが生じやすい仕事内容でもあります。社員の声や人事へのリサーチなどを通じて実態を調べておくとともに、家族や周囲にフォローしてもらえるようにしておくなど、あらかじめ対策をしておくのも方法です。

 

  • 2.定時に帰って自分や家族の時間を充実させたい!

 自分の趣味や家族との時間を確保したいという人には、中小規模のメーカーの工場勤務の技術職や事務職がおすすめです。これらの職種は基本的には定時内での仕事であり、比較的就業時間の予定が立てやすい職種です。もちろん突発的な残業もありますが量はそれほど多くなく、仕事を家に持ち帰ることもほとんどありません。

 

 単調な作業が続きがち、固定メンバーでの仕事になりがちという側面もありますが、それらが自分の性格にマッチしていればそれほど苦にならないことも多いようです。

 

  • 3.子育てに理解のある会社で働きたい!

 繊維業界は子育てに理解のある企業が多く、産休・育休制度や時短勤務も比較的浸透しています。中には「子育て応援宣言」や「くるみんマーク」などを取得しているメーカーもあり、子育てを応援してくれる企業を選ぶ指標の1つになります。

 

 職種では事務職やスタッフが働きやすいとの声もあります。これらは女性が多く活躍している職種なので、急な発熱での早退や男性の育児参加などに理解が得やすい環境と言えます。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する