繊維メーカーの適性(向き・不向き)

業界:繊維メーカー

31views

imasia_1186823_M

 

繊維メーカーに向いている人とは?

 繊維メーカーに向いている人材とはどのような人なのでしょうか。もちろん「こういった人でないといけない!」といったことは存在しませんが、ここでは向いている人の傾向をいくつかご紹介します。

 

  • 1.人とコミュニケーションをとるのが好きな人

 繊維メーカーは、「機械に向かって黙々と仕事をしているイメージ」を持たれがちですが、実際には製品の企画や生産の調整など、人間とのやりとりをしている時間の方が圧倒的に多く、コミュニケーションが重要な業界の1つです。

 

 この理由として、繊維製品では1つの工場で原料から最終製品に仕上がることはなく、製紙、紡績、製織や加工といった工程はそれぞれ別の企業・工場であることが挙げられます。その中で、生産スケジュールを調整したり、最終製品に合う製品スペックを企画したりする必要があり、時には相反する意見をうまくまとめながら仕事を進めていくこともあります。

 

 そのため、人とのコミュニケーションが好き、得意な人が向いているといえます。

 

  • 2.理論的な説明が得意

 技術職はもちろんですが、営業やスタッフ職であっても理論的な説明が得意であることは重要です。

 

 例えば営業職の場合、直接商談をする相手はほとんどが相手企業の技術職なので、自社製品の技術的なメリットについて詳しくプレゼンする必要があります。法務部の場合、自社の製品が法規制に合致しているか確認する仕事もあります。人事の場合でも、自社の特徴を説明会などで話したりする必要もあります。こういった場面では理論的な説明や理解が求められます。

 

  • 3.スケジュール管理が得意

 繊維製品は最終製品が出来上がるまでのタイムスパンが長く、半年後や1年後の販売に向けて準備を進める必要があります。一方、日々の業務では突発的な生産トラブルや顧客からの発注に対応する必要があり、長期的なスケジュールと短期的なスケジュールを同時に管理する能力が求められます。

 

保守的すぎる人は要注意

 繊維メーカーは現在、従来の商材やビジネス形態を脱却して、海外との競争に打ち勝つ力が求められています。そのため新しく会社に入ってくる人材には、保守的な考え方よりも『変革を起こせる力』が求められています。

 

 過度に協調性を欠くのは問題ですが、新しいことに積極的にチャレンジしていく姿勢は、今後の繊維メーカーに適した人物像といえます。過去の前例に囚われがちだという人は、少し新しい視点でモノを見るようにすると、繊維メーカーでの活躍の道が開けやすくなるかもしれません。

 

不向きかなと感じたら?

 面接や就職後に「繊維メーカーは不向きかな?」と感じることがあっても、すぐにあきらめる必要はありません。繊維メーカーはチームで仕事をする業界なので、自分に足りない点は周りのメンバーがサポートしてくれるというメリットがあります。

 

 また人材育成に時間のかかる業界でもあるので、すぐに結果が出にくいこともあります。同僚や先輩、時には取引先の力も借りながら、長い視点で繊維メーカーに適した能力を積み上げていきましょう。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する