高収入の繊維メーカーの求人

業界:繊維メーカー

1views

bonus word written by hand

 

大手メーカーの方が年収は高め

 繊維メーカーの年収は、他の業界同様に大手メーカーの方が高い傾向にあります。特にテレビなどでコマーシャルを見かける総合化学系のメーカーは、年収ランキングでも上位に多数ランクインしています。

 

 それらの大手に続くのが、特定の分野で高いシェアを得ている中規模のメーカーです。繊維メーカーはBtoBの企業も多く、一般的な知名度は低くとも高い売り上げを誇る企業が多く存在します。それらの中規模メーカーの平均年収は、大手と100万円程度差~同等程度と高め水準をキープしています。

 

 一方、ベンチャー企業など新規メーカーが少ない繊維企業では、町工場のような小規模で年収の高いというメーカーは限りなく少ない状況です。繊維業界は海外との競争が激化して久しく、影響を受けやすい小規模メーカーは、年収の点では苦戦しているというのが実情です。

 

交替勤務は頑張り次第で高年収が狙える

 高年収が期待できる職種の1つに、交替勤務の工場オペレーターの仕事が挙げられます。生産設備の運転や保守を行うこの仕事では、交替手当や深夜手当など各種手当が加算される分、高い年収が期待できます。さらに、別の組で休暇のための欠員出た場合には、カバー勤務として残業や休日出勤を行うこともあり、これらの残業代もかなりのプラスになります。

 

 不規則な生活や深夜勤務など体力のいる仕事ではありますが、比較的若いうちから高い年収を狙える仕事の1つです。

 

高いスキルの求められる海外赴任は、給与も高め

 もう一つの高収入の仕事は、海外赴任の仕事です。海外赴任は各種の手当てが付きやすく、合算するとかなりの高額になるケースがしばしばみられます。基本給の算出の仕方や手当の体系は企業により異なりますが、大手企業であれば、基本給と赴任手当に加えて住宅や車の補助、帰省手当などがつき、国内勤務時の1.5~2倍程度まで年収が上がることもあります。

 

 一方で、新しい土地で生活を整えたり、帰省手当の回数以上に帰国したりと支出も増えがちで、かつてのバブル時代に比べると手当も減少しています。そのため、かつて言われた「手当だけで生活できる」というほど高収入になるケースは極めて稀なのが現状です。

 

  • 繊維メーカーでは、大手企業の方が高収入。交替や海外勤務では手当が加算されるため年収アップが見込める。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する