残業が少ない繊維メーカーの求人

業界:繊維メーカー

32views

imasia_5540169_M_R

 

中小規模メーカー&工場勤務は残業少なめ

 繊維メーカーの残業時間は、会社の規模や職種によって大きく差があります。

 

 会社の規模でいうと、大手よりも中小規模のメーカーの方が残業は少ない傾向があります(もちろん傾向であり、全てに言えるわけではありません)。これは、大手の方が管理業務やデスクワークが煩雑である、出張が多いといった傾向があるためです。また、大手メーカーの方が残業代の支払い制度が整っており、働く人が残業を受け入れやすいということもあります。

 

 職種でいえば、工場で事務や検査業務にあたる仕事(日勤)の場合は、比較的残業が少なくて済む傾向があります。工場は生産を司っているという性質から時間管理が厳しく、1日の仕事内容もおおよそ定まっています。そのため、繁忙期以外であれば定時で帰れるといったケースも多く、働きやすい環境であるといえます。

 

 一方、同じ事務仕事であっても、本社業務の場合は他の職種に影響されて残業しがちで、周囲の環境がどのようなものであるかも残業の多さに影響しています。

 

残業が多いのは営業職。さらに交替勤務は突然の残業があることも

 一方、残業が多めの職種としては、営業が筆頭に挙げられます。国内外への出張が多く、始発で遠出して終電で帰宅という日帰り出張も珍しくありません。これらの出張は実質的には残業ですが、通常の残業と違い、出張は日数や時間に制限が設けられることはなく、隠れた残業となる場合もあります。

 

 意外と残業が多い職種としては、工場で生産対応にあたる交替勤務の仕事が挙げられます。この仕事では、いくつかの組が交替で生産ラインの管理にあたりますが、業務内容上、常に一定人数以上の人員で勤務している必要があります。つまり、違う組のメンバーが休暇などで不在の場合は、誰かが代わりをする必要があるのです。そういったカバー勤務のための人員が十分に割り当てられていれば問題ありませんが、繊維メーカーの実情では、残業や早出で対応する企業がほとんどです。さらに、生産機のトラブルへの対応のために突発的に残業が生じることも多く、勤務時間が長くなる傾向があります。

 

残業が少ない企業を探すには、地道なリサーチが必要

 「できるなら残業の少ない仕事を選びたい」というのが転職者の本音ですが、求人票の情報だけで転職が多い仕事かどうかを見極めるのは難しい面もあります。特に繊維メーカーは企業や職種によっても残業量に差があるので、残業の実態を知るには、面接での質問や社員との面談などでリサーチすることが必要です。類似の会社と比べてチームの人数が少なすぎないか、メールの返信がいつも深夜ではないかなど、普段の姿が垣間見られるような情報を集めるようにすると良いでしょう。

 

 一方で、残業時間の少なさを売りにした求人も見られます。特に派遣社員の募集などに多くみられますが、大手であっても残業が限られる仕事もあります。希望するライフワークバランスに合わせて、こういった求人を集中的に狙うのも方法です。

 

  • 繊維メーカーの残業時間は、企業により様々。中小メーカーや工場の日勤は比較的少なめ。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する