契約社員の繊維メーカーの求人

業界:繊維メーカー

0views

pixta_20111605_M

 

事務や秘書、品質検査業務で求人が多い

 繊維メーカーの場合、求人の多くは正社員採用で、契約社員の求人は多くはありません。

 

 契約社員やパート社員で募集のかかる仕事は、その特性上、業務内容がある程度マニュアル化できるものに限られ、主には品質検査員や事務、秘書などのアシスタント業務に募集がかかります。品質検査員は出来上がった製品を実験器具や専用の装置を用いて検査する人のことで、多くの女性が活躍しています。そのほかでは、数は少ないものの、経理や人事も募集がかかることがあります。

 

メリットは働きやすい環境、デメリットは業務負荷

 繊維メーカーの契約社員のメリットには、有休のとりやすさや残業の少なさが挙げられます。繊維メーカーでは年間のスケジュールがおよそ決まっているので、忙しくない時期にまとまった休暇が取りやすいのが特徴です。また、企業や職種にもよりますが、契約社員の場合は残業はそれほど多くなく、プライベートな時間を確保しやすいことも働きやすさのポイントといえます。

 

 デメリットとしては、業務内容が正社員とあまり変わらないケースがあることが挙げられます。特に品質検査やアシスタント業務の場合、正社員が似たような業務をすることも少なくなく、給与の差などで不平等感が生じることもあります。こういったトラブルを避けるためにも、給与や自分の能力に見合った仕事内容であるかどうかを事前によく確認することが重要と言えます。

 

配属チームとの相性の良さも選考のポイントに

 選考のポイントとしては、スキルの高さはもちろんですが、配属チームとの相性の良さも重要な要素です。繊維メーカーの場合は、大人数のチームで働くことは稀で、10人以下程度の小さなグループ単位で業務にあたることがほとんどです。そのため、スムーズな人間関係を築けることは企業と応募者の双方に重要なポイントといえます。

 

 選考方法は企業により差の大きいところがありますが、多くの場合、近い関係の上司が選考に加わっています。面接の際は、リラックスして本来の自分をアピールするとともに、面接官の雰囲気などから自分に合った会社かどうかを見極めることも大切です。

 

正社員登用は狭き門

 しばしば「契約社員やパート社員から、正社員への登用は可能か?」という疑問が聞かれますが、残念ながら狭き門であるというのが現状です。規模の小さな企業の場合は、日ごろの成果を評価して正社員登用されたというケースもありますが、大手のメーカーになるほど登用は難しいと言わざるを得ません。

 

 その理由は、繊維メーカーは最低限の人員配置で対応せざるを得ない厳しい経営環境であることが多く、正社員登用の余裕がない企業も多いということと、(特に大手の場合は)正社員採用と契約社員採用の採用ルートが全く異なるということが挙げられます。正社員を目指すなら、地道に正社員募集に応募するのが良策といえるでしょう。

 

  • 繊維メーカーの契約社員の求人は少なめ。有休や少ない残業など働きやすい環境がメリット。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する