繊維メーカーの技術専門職の求人

業界:繊維メーカー

1views

imasia_11868268_M

 

極めて少ないのが現状

 技術専門職は、工場での生産オペレーターや機械の保守管理をするエンジニアのことを指します。繊維メーカーの技術専門職の中途採用は極めて少ないのが現状で、技術後継や社員の若返りを目的に、欠員は新卒採用や社内人事で補うのが一般的です。少ないチャンスを逃さないためにも、常に求人情報をチェックしておくことが大切です。

 

機械の保全管理の仕事は比較的募集がかかりやすい

 技術専門職全体の中で、比較的募集がかかりやすいのは機械の保全担当の仕事です。繊維業界は古い工場が多く、大手メーカーでも年季の入った機材で生産を続けていることが珍しくありません。生産ラインを止めないようにそれらの機材を維持・管理することは重要であり、また新商品開発のための改造も必要となるため、メンテナンスエンジニアは一定数の募集があります。

 

 各工場で使われている機材は似たものが多いので、繊維メーカーでの勤務経験があれば大きなプラスになります。合繊メーカーの場合は、プラントエンジニアの経験を必須としていることもあります。

 

 工場でのオペレーターの求人ならば、撚糸、紡績、製織、染色工場が比較的求人が出やすいといえます。繊維製品の製造は人の手で行う作業も多く、小規模の会社でも正社員の求人がみられます。細かい作業や職人と呼べるような繊細な作業も多いので、手先の器用な人にぴったりの仕事です。

 

年齢制限のある募集も

 技術後継や若返りを目的に、中途採用にも年齢制限が引かれることがあります。ボーダーの目安は35歳程度で、企業規模が大きくなるほど年齢制限が厳しくなる傾向があります。

 

 もちろん40歳以降でも転職のチャンスはありますが、年齢を重ねているからこそのメリットを明確にして自己アピールする必要があります。前職での豊富な知識と経験を武器に、十分に準備をして転職活動に挑むようにしましょう。

 

  • 繊維メーカーの技術専門職は、数は少ないが若手や経験者にチャンスあり。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する