繊維メーカーの営業職の求人

業界:繊維メーカー

37views

imasia_9888576_M_R

 

繊維メーカーの営業求人は不定期募集が多い

 繊維メーカーでは、中途採用での営業職の求人は不定期に募集されることが多いです。これは、新卒採用でも営業職を採用しているメーカーがほとんどであり、また大手では社内ローテーション制度をもつ企業も多いため、中途採用の募集は前任者の退職や大型プロジェクトの立ち上げ時など突発的な事態に限られるためです。

 

 募集は採用HPやハローワークなどで確認することができるので、定期的に情報をチェックしておくことが重要です。また比較的短期間で採用者が決まることが多いので、フットワークを軽くして転職活動することも重要です。

 

募集は担当エリアや担当製品ごと

 繊維メーカーの営業職は、「建築材担当」「衣料品の関東エリアの法人担当」など、業務やエリアが絞られた状態で募集されることがほとんどです。これは入社後の即戦力を求めていることの裏返しでもあり、前職で関連業界を経験している人材は人気を集めます。

 

 海外営業もよく募集のかかる職種です。比較的高い賃金が提示されることが多く、華やかなイメージで人気もありますが、営業スキルに加えて語学力や貿易に関する知識も必要な仕事です。

 

理系な考え方も得意な人に適性あり

 繊維メーカーの営業職の仕事内容は、生産や在庫の管理、新規顧客の開拓や価格協議などがあります。

 

 営業職というと、いわゆる文系が得意な人のイメージですが、繊維メーカーの営業は理系の側面も多く持ち合わせています。繊維メーカーの製品のほとんどは中間製品であり、さらなる加工を経て一般消費者に渡ります。そのため営業マンの直接の顧客は技術職であることが多く、製品の技術的特徴や顧客の加工プロセスへのメリットなどを説明する場面もしばしば発生します。

 

 こうした技術的な知識は入社後に少しずつ習得していくことになりますが、大学や前職である程度の知識がある、技術的な会話やプレゼンに抵抗感がない人が、繊維メーカーの営業職に向いています。

 

年収はスキルや年齢によっても大きく異なる

 求人に提示されるモデル年収は、小規模~中堅のメーカーなら300~500万円、大手なら400~800万円とかなりの幅があります。これはスキルや年齢によって給与が大きく異なるためで、業界経験が長い・専門知識があるなどの魅力的な人材であれば高収入を目指すことができます。

 

 一方、若手で経験が少ない人材場合は、前職よりも給与が下がってしまうケースもあります。インセンティブ(売上ノルマ達成による追加給与)を導入している企業はあまり多くはないので、比較的安定した収入を得やすい業種でもあります。

 

  • 繊維メーカーの営業職求人は、情報をこまめにチェックして自分のスキルに合った会社を選ぼう。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する