繊維メーカーの転職と年齢

業界:繊維メーカー

7views

imasia_13791689_M

 

年齢条件付きの求人もある

 繊維メーカーの転職求人では、「○○のスキルを持つ人」といった能力を重視する傾向があり、年齢条件は設定されていない募集が主流となっています。その一方で、技術伝承の問題や高齢化が進む繊維業界では、若手人材の方が好まれるという実情もあります。特に技術習得に時間を要する工場勤務などの技術職は、中途採用の募集では35~40歳以下という年齢条件がつくこともあります。さらに年功序列賃金の根強い繊維業界では、給与の観点からも若手の方が有利になるケースもあります。

 

 しかし、繊維メーカーへの転職は40代以上が不可ということは全くなく、それまでに得たスキルをアピールすることで、重要なポストに採用されることもあります。また、繊維メーカーは専門知識が必要な業務も多いため、同業種の経験がある場合には年齢を問わないとする募集もあります。

 

実際に転職する人は~35歳までが多い

 実際に繊維メーカーに転職する人の年齢は、35歳程度までの人が多く、これは他業種のメーカーと同じ傾向です。ある程度の知識やノウハウが蓄積する勤務10年前後で、仕事の内容や環境を変えたいと転職をする人が多くなっています。

 

 40代以降での転職は、若手に比べると数は少ないものの、豊富な経験を生かして様々な業種から繊維メーカーに転職しています。特にチームリーダー候補や管理職として転職するケースが多く、営業や技術などの現場職から部課長などのスタッフ職へ転向する人もいます。

 

転職活動時は、年齢に応じた戦略を

 例えば28歳と38歳では、企業が採用者に期待するものが違います。20代であれば斬新な発想や新しい視点を求められ、30代後半であれば、リーダーとしての資質や会社の将来を見越した考え方が求められます。また志望企業の年齢構成によっても、どのような年代・人材を求めているかは異なってくるので、説明会などでチェックしておくこともおすすめです。

 

 それらの期待されるものを理解したうえで履歴書や面接に挑めば、自身の年齢にあったアピールをすることができます。自身の年齢を武器にする戦略を、十分に練ることが重要です。

 

  • 繊維メーカーへの転職では、年齢に応じた戦略で挑もう。

 

本記事は2017/02/16の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する