繊維メーカーの転職と自己PR

業界:繊維メーカー

2views

imasia_9331577_M

 

「即戦力」になることを主張しよう

 繊維業界では多くの企業が専門的・汎用的なスキルを多く持った人材を求めており、履歴書や面接で自身がいかに即戦力になれるかを伝えることは重要です。

 

 即戦力であることを伝えるには、自身のスキルや経験を具体的に示し、入社後の活躍をイメージさせる自己PRを行うことが大切です。以下に示す3つのポイントを参考にしながら、十分な準備をしてライバルに差をつける自己PRを作り上げるようにしましょう。

 

  • ポイント1:数字を示して具体的な自己PRを

 自身のスキルを説明する際は、数字を踏まえながら会話をすることを心掛けましょう。営業職であっても技術的な会話が求められることの多い繊維メーカーでは、感情的なアピールよりも整然とした論理的なアピールをした方が効果的であることが多く、数字を使って具体性を出すことを意識するだけで、印象に残るアピール文を行えます。

 

 例えば「3カ月で100万円のコストカットをすべく、6人のチームを指揮した」「繁忙期の在庫量を40%多くすることで納期を30日から15日へ短縮し、受注量を20%増やした」などと話せば、初めて志願者のことを知る面接官にもわかりやすく伝えることができます。

 

  • ポイント2:繊維・化学関連のスキルは積極的にアピールを

 繊維業界内での転職が多いのも繊維メーカーの特徴ですが、もしも前職が繊維・化学関連の場合は、具体的にどのような専門スキルを持っているのかを示すことも強いアピールになります。これは、繊維業界では非常によく似た製品や生産プロセスを持っている企業が多く、前職のスキルはそのまま次の職場でも活用できること多いためです。

 

 例えば織物の設計ができる、化学溶剤が取り扱える、海外顧客とのデリバリー調整ができるといった専門的なスキルは身に着けるのにも時間がかかるため、即戦力として重宝されます。専門スキルについてアピールするときは、従事していた期間や関連する資格についても併せて述べると、スキルレベルが伝わりやすくなります。

 

  • ポイント3:語学を含めたコミュニケーション能力は重要

 繊維メーカーは技術・営業ともにアジアや欧米と関わりのある企業が多く、語学能力があることはプラスポイントになります。TOEICのスコアや留学経験などアピールできる点は十分にアピールしましょう。

 

 また、繊維製品は出来上がりまでの工程が多く、たくさんの人が関わり合いながら1つの製品を作り上げていきます。そのため、コミュニケーション上手な人はすぐに現場で活躍できる人の基本条件と言えます。リーダーシップ型、気遣い型などコミュニケーションの方法には個性がありますが、周囲との関係を良好に保ちながらモノづくりができる姿勢をアピールすれば、どんな職場でも活躍できる人材であることを印象付けることができます。

 

  • 繊維メーカーへの自己PRでは、「即戦力」がキーワード。

 

本記事は2017/02/15の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する