繊維メーカーの転職と面接

業界:繊維メーカー

25views

imasia_15796619_M_R

 

主力商品をよく理解して企業の特徴をつかめ

  • (1)自社商品に関する質問は頻出

 面接の準備としては、志望企業の主力製品の製品名、用途やシェアなどをよく理解しておくことが重要です。メーカーの生命線は商品であり、面接の質問でも自社の商品に関連した質問は頻出問題の1つです。例えば

 

「わが社の製品を5つ挙げてください」

「○○という商品がどこで使われているか述べてください」

「○○という機能を持った繊維を、あなたならどのような分野に応用していきますか」

 

 といった質問が想定されます。

 

 面接官はこうした質問を通して、志望度の高さや知識の深さをチェックしているので、適切な回答をすることでヤル気のアピールにつなげていきましょう。商品に関する質問はある程度事前準備が可能なものなので、いくつかの想定質問に対して答えを用意しておくようにしましょう。

 

  • (2)商品を理解すれば、その会社が求める人材像が見える

 また、競合他社との比較の中で、そのメーカーが何に重点をおいてビジネスしているのか(技術的特徴か、販売方法かなど)を知ることで、その企業で求められる人物像を見通すこともできます。

 

 例えば独創的な技術を取り入れた商品が主力なら、次世代の商品を生み出すアイディアマンが求められますし、アフターサービスが売りの企業なら、きめ細かい気遣いのできる人物像が求められると推察できます。求められる人物像がわかればそれに沿った効果的な自己PRを行うことができるため、企業研究はライバルに差をつける重要なプロセスと言えます。

 

自信をもって面接官と「会話」しよう

 面接当日は、落ち着いて自信をもって挑むことも大切です。近年の繊維メーカーは、自社内での開発だけでなく、外部の企業や大学とのコラボレーションで新製品を生み出していくことも少なくありません。そのため、理系職種であっても会話力やコミュニケーション能力は重要な要素の1つであり、面接でも大きなチェックポイントとなります。面接とはいえ会話の一種なので、緊張しすぎずに目を見て明朗に回答するよう心がければ、面接官に思いが伝わりやすくなります。

 

 面接官や面接回数は企業によって異なりますが、人事、営業または技術、役員が数回にわたって面接を行うのが一般的です。役員や社員が面接官であることが多いため、良い印象で面接を終えることは入社後においても重要と言えます。

 

  • 繊維メーカーの転職では、企業研究を十分に行って面接に挑もう。面接当日は職種によらず円滑なコミュニケーションは必須。

 

本記事は2017/02/15の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する