繊維メーカーの転職と資格

業界:繊維メーカー

65views

 imasia_2250325_M

 

繊維メーカーの転職では資格はスキルの証明に有効

 繊維メーカーでは即戦力となる人材が好まれるため、様々な資格を持っている人はスキルが豊富であると重宝されます。応募条件として特定の資格を指定されることはほとんどありませんが、関連する資格を持っている場合は積極的にアピールするようにしましょう。

 

 また履歴書や面接では、前職場でその資格をどのように生かしていたかをエピソードとともに伝えると印象的なアピールになります(「公害防止管理者の資格を取って廃液の管理を行っていた」「仕事を通じてTOEICを300点上げた」など)。職種によっても有利になる資格が異なりますので以下で一例をご紹介します。

 

  • 技術系の転職では、化学薬品に関する資格が人気

 繊維メーカーの技術職にもたくさんの職種がありますが、多くの工場・研究所では化学薬品を扱います。合繊の原料や染色加工の加工剤、製品試験の試薬など、化学薬品に触れる機会は多くあり、一部の会社では入社後に化学薬品の取り扱いに関わる資格の取得が必須となっていることもあります。

 

 具体的な資格の例としては、危険物取扱者甲種または危険物取扱者乙4種、特定化学物質作業主任者や有機溶剤作業主任者などが挙げられます。これらは実作業を行うのに必要な資格なので、既に資格を取得している、あるいは前職場で主任者の経験がある場合は、強いアピールポイントとすることができます。

 

 さらに総合職であれば、公害防止管理者(水質、大気)や衛生管理者といった環境管理の資格もおすすめです。これらは難易度も高く、現場で不足しがちな資格のため、資格者は重宝される傾向があります。

 

 職種によっては、ボイラー技士やフォークリフト、玉掛作業者の資格なども即戦力になります。入社後には取得年や番号を聞かれるため、転職期間中にそれらを整理しておくとスムーズです。

 

  • 営業系の転職では、語学の資格がおすすめ

 繊維メーカーは顧客や生産拠点を海外に持っている企業も多く、英語をはじめとした外国語での業務はますます増えてきています。そのため昇進に一定以上の語学能力を求められることも多く、あらかじめ資格を有していれば有利に転職を進めることができます。

 

 また資格を持っていなくても、海外留学や英語ビジネスの経験もアピールポイントになります。

 

  • その他の繊維業界で役に立つ資格

 繊維やアパレル分野の資格は専門性が高いため、転職後に必要な資格を選んで取得する方が効率的ですが、繊維製品品質管理士は比較的広い職種で活用できる資格なので、お勧めできる資格の1つです。

 

 また事務系の資格ならMOSや簿記などは転職に有利に働きますが、取得は必須ではありません。貿易実務検定なども実用的な資格の1つです。

 

  • 繊維メーカーの転職では、職種によってはアピールできる資格は異なる。繊維製品品質管理士などは繊維メーカーの幅広い職種で活きることが多い。

 

本記事は2017/02/15の情報で、内容は繊維メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する