ファイナンシャルプランナー(FP)の独立・開業

職業:ファイナンシャルプランナー(FP)

2views

imasia_9417258_M

 

FPの知名度が上がってきている

 数年前と比較して、ファイナンシャルプランナー(FP)の知名度は確実に上昇しています。これまで誰に相談していいか不明確だった家計や節約の相談について、FPに相談すれば良いという認識が広まってきています。

 

 また、女性からの相談や公的年金の不安といった時代のニーズをFPが上手に掴んだことで、個人相談のニーズも高まっています。こういった背景から、独立・開業を志すFPが増加しています。

 

WEB執筆業をメインにするFPも増えてきた

 FPの仕事は昔から、個別相談・セミナー講師・執筆の3本柱だと言われています。しかし、個人相談やセミナー講師の仕事は、何十年もその道を走ってきた先輩がすでに市場を押さえており、新参のFPがそのパイを奪うことはなかなか難しいものがありました。

 

 そこで、最近注目されているのがWEB執筆です。執筆がそれまでの書籍からインターネットのWEB執筆に重点を移し、大きく差のあった両者の報酬額も最近はほぼ同等のものとなってきました。そのため、ライバルの少ないWEB執筆業をメインとして開業をするFPの方も最近では見られるようになってきています。

 

今後のFPの独立・開業について

 今後も個人相談・セミナー講師・執筆の3本柱は堅持しつつ、新しいニーズをいかに掘り起こしていくかがFPには求められています。

 

 メディアの運営や少子高齢化の対策、金融×ITのFintechなどは、今後FPとも親和性の高いテーマとして拾われていくのではないでしょうか。独立FPは会社の社長と同じです。世の中のニーズを掘り起こしてビジネスとして会社を成長させていくことが求められます。

 

  • FPの認知度が高まってきているため、FPの独立・開業は昔に比べしやすくなっている。
  • FPの主業務である「個別相談」「セミナー講師」はライバルが多い。最近ではWEB執筆の分野で独立をするFPも多い。今後も新たな分野を切り開いていくことが大切。

本記事は2017/02/03の情報で、内容はファイナンシャルプランナー(FP)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する